Mark McGuire Japan Tour 2013の東京公演にDustin Wongが出演します!ギターで幻想的なサウンドを描き出す両者の、まだアメリカでも実現していない共演がここ日本で実現です。そして今回は何と、ダスティンと共にPonytailのメンバーとして活動した盟友、Ken Seenoも共に来日!惜しくも解散したPonytailの両雄が名を連ねるこの一夜は、間違いなく特別なものになるはず!お見逃しなく!


Mark McGuire Japan Tour 2013 [東京公演]
special guest: Ken Seeno (ex. Ponytail)

5/10(Fri) @代官山UNIT
出演:Mark McGuire (ex. Emeralds), Dustin Wong, Ken Seeno (ex. Ponytail)
開場 18:30/開演 19:30
¥3,500 (Advance), ¥4,000 (Door) 共に別途ドリンク代

POST ROCKリスナーはもちろん、数多のミュージシャンまでその動向を緊張感をもって意識される存在がマーク・マグワイアである。エメラルズからの脱退後(その後バンドは解散)初となる来日公演、誰もがその動向に注目していただけに貴重なライヴになること必至! 今回はあのダスティン・ウォンが在籍したボルティモアの実験的アート・バンド、ポニーテイルのギターリスト、ケン・シーノがサポート・アクトとして同行!!




 




Mark McGuire(マーク・マグワイア)
1986年12月31日生まれ。米クリーブランド出身。マニュエル・ゲッチング等からの影響が色濃いミニマリズムと幾重にもレイヤーが重ねられた現代のギター・アンビエントを融合させたサウンドで、テン年代のエクスペリメンタル・ シーンにおいて最も注目を集めるアーティストの1人。彼がギタリストとして在籍したバンドEmeraldsのアルバム『Does It Look Like I’m Here?』(2010年)が世界中で高い評価を受けたのをきっかけに、マークのソロ作品『Living With Yourself』(2010年)、『Get Lost』(2011年)も賞賛され、ソロ・アーティストとしての人気を確立。LindstromやDucktailsのリミックスも手掛けている。 2012年末にEmeraldsを脱退。また過去にはEmeraldsの他にReal EstateのEtienne Pierre Duguay, Daniel Lopatin (Oneohtrix Point Never), Trouble Books等と多数のサイド・プロジェクトを行い、現在では入手困難なカセットテープやCDRを含む数え切れないほど膨大な量の作品をリリースしている。


------------------------------------------
◆新宿本館6Fインディ/オルタナティヴロックフロア
お問い合わせはコチラ↓↓↓

TEL: 03-3352-2691 (※6Fをご指名下さいませ)
e-mail:
ds1_6f@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00