ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 ★9/17(火) インディ/オルタナ新譜入荷情報
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 


■MGMT/MGMT [国内CD/2,520円]
NYブルックリンを拠点とする、元アート学生のアンドリュー&ベンを中心とするポップ・デュオMGMTによる、セルフ・タイトルを付けた約3年ぶり待望の3rdアルバム!

本作はさらにアート感覚溢れるまさにMGMTならではの作品に仕上がっている。
前作はバンド形態だったが、今作はアンドリュー・ヴァンウィンガーデンとベン・ゴールドワッサーの2人と、前2作でもプロデューサー/ミキサーとしてタッグを組んでいたデイヴ・フリッドマンが共同プロデュースを行い、メンバーが「頭のなかに住みついたエイリアンに支配されていく感じ」を表現したという既に話題騒然の先行シングルにして1stシングル「Alien Days」ほか、60年代の伝説的サイケデリック・バンド"フェイン・ジェイド"のカヴァー曲「Introspection」など計10曲が収録。

・国内盤CD:ボーナストラック1曲収録、解説、歌詞・対訳付


■SEBADOH/DEFEND YOURSELF [国内CD/2,490円]
米国が誇るオルタナバンド、ダイナソーJrのベーシスト、ルー・バーロウ率いるセバドーが約14年振り通算8作目となるニューアルバムを英レーベル"Domino"からリリース!

ルー・バーロウ、ジェイソン・ローウェンスタイン、ボブ・ダミコの3人で制作された本作は、94年の『ベイクセール』以来となるセルフ・レコーディング作品。ルー自身がダイナソーJrやソロ作品で垣間見せる、パンキッシュでエモーショナルなヴォーカルと泣きメロが大炸裂する、14年のブランクを全く感じさせない貫禄のローファイ&オルタナ作品が完成! 今年11/30(土)~12/1(日)にはHostess Club Weekenderへの出演も決定しており、今後への注目が高まっている。(メーカー・インフォ参照)

・国内盤CD:歌詞対訳、ライナーノーツ付、ボーナストラック3曲収録


■1975 /1975 [輸入LP/3,500円]
アークティック・モンキーズやフォールズ等を手掛けてきたマイク・クロッシーをプロデューサーに起用したデビュー・アルバムをリリース!

これまで発表した「フェイスダウン」、「セックス」、「ミュージック・フォー・カーズ」の3枚のデジタルEPは、イギリスの音楽専門誌から称賛と注目を受け、シングル「チョコレート」で本国にて本格的にブレイク。同曲は、UKシングル・チャートにて、全くの新人ながらも19位にチャート・イン。アルバム・デビュー前にもかかわらず、Fall Out Boy のピート・ウェンツが「The 1975が大好きだ。彼らは、大物になるポテンシャルを持っていると思う」と発言したり、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが「チョコレート」の歌詞をツイートしたり、またミューズやローリング・ストーンズがオープニングに抜擢したりと様々な反響が巻き起こっている。
オルタナティヴ・ロック・バンドと称されることが多いThe 1975だが、4人はエレクトロ・ポップ、エレクトロニック・ミュージック、ギター・ポップ、R&Bなど様々なジャンルの音楽に影響を受けており、マシューは中でも、トーキング・ヘッズ、プリンス、マイ・ブラディ・ヴァレンタイン、マイケル・ジャクソン、ピーター・ガブリエル、ブライアン・イーノ、ディアンジェロ、シガー・ロスなどから特に影響を受けている。そんな彼らの音楽は、セックスや愛、ドラッグ、希望、死、そして恐怖など、俗に“ロック”と呼ばれる事柄について歌っている。
彼らは8/11サマーソニック出演、8/14来日公演をおこなったばかり。



■SURF CITY / WE KNEW IT WAS NOT GOING TO BE LIKE THIS [国内CD/2,300円]
★先着特典:『FIRE レーベル・サンプラーCD★
ニュージーランドのローファイ若頭、サーフ・シティの待望となる2作目が登場!より、ヨ・ラ・テンゴのようなサイケデリアがエクスプロージョンしたノイジー・ポップ大炸裂!

ニュージーランドの優良老舗レーベルFLYING NUNに当時所属していたCLEANやBATS、CHILLSなどのキウイ・ギター・バンドを踏襲したニュージーランド産ノイジー・ファズ・インディ・ポップ・バンド、サーフ・シティの待望2作目が登場!

2010年11月に発表されたデビュー・アルバム『KUDOS』では、CAPTURED TRACKSやMEXICAN SUMMER、SLUMBERLANDなどサーフ・ポップ~ローファイなシーンと共鳴したサウンドを聴かせてくれた彼ら。本作はそれらを踏襲しつつも、バンドサウンドがよりヘロヘロ~ダルダルへとシフトし、効果的なリヴァーブ使いが増えてよりサイケデリアな音像へ。VASELLINESのようなガチャガチャとしたインディ・ポップ、NO AGEやMETSなどのSUB POP風味なファズ感、YO LA TENGOのようなオルタネイティヴ・サイケデリアなど、現代のローファイ~インディ・ポップ・バンドと比肩でき得る疾走酩酊チューンが心地よい良作。

実は、結成当初はJESUS & MARY CHAINの名曲から拝借したKILL SURF CITYという名前で活動し、レーベル・カラーと似つかわしくない(と思われる)ドイツのMORR MUSICから12インチでデビューしている。
※輸入盤もございます。1,600円(サンプラーCDは付きません)


 
■SCOTT & CHARLENE'S WEDDING / ANY PORT IN A STORM [国内CD/2,100円]
★先着特典:『FIRE レーベル・サンプラーCD★
初来日決定!!ペイヴメントmeets ヴェルヴェッツmeets パステルズmeets テレヴィ ジョン的バリバリ大爆笑のローファイ・サウンド! NYのクレイグ・ダーモディーのプロジェクト・バンドによるセカンド。ヘロヘロなのにルックスはグー! 新型スター誕生!

2010 年 にファースト『Para Vista Social Club』を自主で発表した途端、その奇異なサウンドとキャラクターで一気に注目されたスコット・ア ンド・シャーレンズ・ウェディング。その後同作はワールドワイド・リリースされ、PITCHFORK、NME、SPIN、SOUNDLABなどで高評価を得る。そして今年、UK の老舗レーベル「FIRE」と契約し、更なるBUZZ &爆笑が海の向こうで!ほんのりイヴァン・ダンドゥ(レモンヘッズ)的なナイスガイながら、時代錯誤も甚だしいグランジ・ファッションに身を包んだクレイグ。そんな二枚目がヘロヘロで、ドタバタで、ガキ大将の悪戯のような ローファイ・ギター・サウンドが炸裂をさせるもんだから、みなさんノックアウト。その勇姿をぜひ体験してください!


■ANOTHER GREEN WORLD / HAUNTED [国内CD/2,100円]
★先着特典:ステッカー★
シューゲイズ・ミーツ・ニューウェイヴな新しい世界!ファクトリー、クリエイションレーベルの血を受け継ぐ新しい才能、ANOTHER GREEN WORLDが遂に日本デビュー!

テネシー州・メンフィスを拠点に活動するアーティスト、弱冠22歳のアレックス・ウェストのソロ・プロジェクトであるアナザー・グリーン・ワールドは2007年に80年代ドリームポップ、シンセポップ、ニューウェイヴからの影響を受け活動をスタートさせる。チル・ウェイヴ世代のドリーミーな雰囲気、そしてCAPTURED TRACKSのアーティストにも通じる新世代ニューウェイヴの鋭い感覚を持ったクリエイターである。
ホーンテッドと名付けられたアルバムは、どこか影を感じながらもポップに仕上がっており、彼がフェイバリットとする80年代映画のメロウな空気感に近いテクスチャを持っている。
本作についてはアレックは、「架空の映画のサウンドトラックをイメージして作ったんだ。」と語っている。シンセサイザーが高らかに物語の始まりを告げる「GLOWING」で幕は開き、白昼夢のようなドリーミーなアプローチの曲から、まるでワイルド・ナッシング的インディ・ポップ・テイストの曲が飛び出して来たりと、多彩な世界観を絶妙なバランスで構築するセンスに彼の美意識を伺うことができる。OMD、THE WAKE、JYO DIVISION、NEW ORDER、DURRUTTI COLUMNを始めMY BLOODY VALENTINE、SLOWDIVE、BRIAN ENOからの影響も公言する彼らしく、そのオマージュが随所に見られる。疾走感が心地よいリードトラックの「MOMENT」。OMDサウンドライクな「BLOOD」。幻想的なシューゲイズ・ポップ「WHEN」。どこを切り取ってもアナザー・グリーン・ワールドが生み出す最新型ドリーム・ポップのエッセンスが凝縮されている。


■TEEN DAZE/ GLACIER [国内CD/1,980円]
早くも3rdフル・アルバムが完成!今年の晩夏はTEEN DAZEの納涼サウンドで!

2012年に待望の1stアルバム『ALL OF US, TOGETHER』そして、2ndアルバム『THE INNER MANSIONS』を立て続けにリリースしたカナダはバンクーバーのエレクトロニック~ドリーム・ポップの才人、JAMISONによるソロ・プロジェクト。
日本のみでCD化!
先日デジタルのみでセルフリリースされたEP『THE HOUSE ON THE MOUNTAIN』ではエモーショナルながらややフロアよりのエレクトロニック・サウンドをみせていた。
もちろん本作ではその延長線上といえるサウンドではあるが、よりメロディは洗練され、浮遊感に満ちたアトモスフィアとエレクトロニクスが絶妙なバランスで融合し、アンビエントなテイストとカラフルなビート感覚が秀逸な展開力のもの絡み合いドリーミーなサウンドを構築。
もちろんJAMISONのおぼろげに溶け込むようなゴーストリー・ヴォーカルも健在だ。
『INNER MANSIONS』ではアコースティックな音色も織り交ぜていたが、本作ではエレクトロニックな質感が主体になっている。
『GLACIER』とは「氷河」のことで、そのサウンドからもクールで幻想的且つ壮厳な趣きがありつつ、ドラマティックで神秘的な様相が展開される。
BOARDS OF CANADAやBIBIO、TYCHO、ULRICH SCHNAUSSなどに通ずる世界観が繰り広げられる。
本編とは別に日本のみのボーナストラックとしてBサイドトラックが4曲追加収録!
こちらは本編に比べるとリズムが立ったサウンドが主体で、ダンサブルな風合いのTEEN DAZE節が味わえる。

・解説・歌詞・対訳付



■KEEP SHELLY IN ATHENS / AT HOME[国内CD/1,980円]
ギリシャの注目の男女デュオKSIAの待望のファーストフルが遂に完成!

ロック~ポップ、チルウェイヴ~シンセポップ、エレクトロニック~ビート/ベース・ミュージックまでをまたにかけ、昨今のインディシーンにおける注目の存在へと躍り出た、ギリシャのドリーム・ポップ男女デュオ。満を持して放つファースト・フル・アルバム!
本作は、緻密でシンプルなレイヤーとテクスチャーながら、これまで培ってきたものの集大成ともいえる作品に仕上がった。ベース・ミュージックを通過した感のあるボトムと、ディスコ的な躍動感、シンセの浮遊感とゆらぎを生かしつつ、ノスタルジックなメロディが漂い、SARAの柔軟で弾力のあるヴォーカルが溶け込んでいくサウンドは、心地よくヴァレアリック!

冒頭から重層的なシンセのフレーズとエフェクトにピッチコントロールしスクリューさせたヴォーカルをアクセントとして鏤めた幻想的でドラマティックなトラックで幕を明け、懐かしくも温かなムードが漂うリヴァーピーなシンセとメロディが印象的な「OOSTENDE」へ。そして先行シングルとしてリリースされた「RECOLLECTION」では小気味よいブレイクビーツとヴォーカル・ループを核に、煌びやかなシンセを浮遊させ、SARAの滑らかなヴォーカルを溶け込ませていくポップ・ソングを展開。ダブステップ・ビートに乗って展開しつつ、ギターの音色も介入する後半のクライマックス感に引き込まれる。その後もSARAのヴォーカルとリリカルなシンセのフレーズと浮遊感を生かし、多彩なビートを絡めたヴァリエーション豊かなサウンドが繰り広げられる。『OUR OWN DREAM』に収録されていた「DIY」が再収録され、SARAのエフェクティヴなヴォイスのシャウトも切り込むインダストリアル・テイストのドライヴィンなサウンドもあり、極めて刺激的な内容になっている。
チルウェイヴやシンセポップ以降のシーンで評価を高めつつも、現代版SAINT ETENNEとも称されるそのサウンドは、世代を超えて幅広いリスナーに受け入れられることは間違いない。

日本盤のみ新たに録音した新曲をボーナストラックとして収録。解説・歌詞・対訳付


■GOD IS AN ASTRONAUT/ORIGINS [輸入CD/1,700円]
モグワイやゴッドスピード・ユー!ブラック・エンペラー、エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ級なポスト・ロックの代表格=ゴッド・イズ・アン・アストロノウトの7作目となるニュー・アルバムがリリース!

MOGWAIやEXPLOSIONS IN THE SKY、AND SO I WATCH YOU FROM AFARなど、轟音ポスト・ロックを代表するアイルランド出身バンド、ゴッド・イズ・アン・アストロノウトの新作!
本作は、メンバーが1人増えて5人組となり初めてレコーディングされた7作目となるアルバム。彼らの真骨頂でもある、メランコリックなメロディから破壊力抜群な轟音ギターへとゆるやかにシフトするストーリーテリングな楽曲はもちろん健在。しかし、本作ではシネマティックなシンセによる幻想的な音像へ傾倒した感もあり、また、新加入のPat O’Donnellによるヴォーカル入りの楽曲まで飛び出すなど、より郷愁かつ流麗さが増した意欲作!
卓越された演奏技術の高さにも定評があり、また、10年以上ものキャリアを裏付ける侘び寂びや音の抜き差しによる叙情性を帯びた楽曲作りはさらに磨きがかかり、そ んなドラマティックなサウンド・プロダクションの妙はポスト・ロック・シーンでも一級品と呼べる高内容となっている!


■ROBERT HAIGH/DARKLING STREAMS [輸入CD/1,800円]
80年代前半からUKアンダーグラウンド・シーンで活躍していたROBERT HAIGH(レーベルを多数、そしてレコード店も運営していた)による、優美で儚いポスト・クラシカル名作が登場!

本作は、成熟された感性で奏でられるピアノ作品で、内省的かつ幽玄、そして思慮深く儚い世界観がピアノの一音一音から静かに発せられる、ポスト・クラシカル・ファンはまさに悶絶級な高内容!HAROLD BUDDやARVO PART、PHILIP GRASS、そして坂本龍一などの大御所から、GOLDMUNDやOLAFUR ARNALDS、MAX RICHTER、HAUSCHKAなどの新鋭までフォローできる逸品です。
このROBERT HAIGHは、80年代にSEMA名義でダークなアンビエント作品を発表し、1985年から90年前半まではなんとあのNURSE WITH WOUNDともアルバムを共作。90年代はSPLICEやOMNI TRIIOと名乗ってハウス~ドラムンベースなどのダンス・ミュージックなアルバムを多数リリースしており、知る人ぞ知る多演/多作家ミュージシャンです。
2000年後半になると、以前から愛聴していた対位法によるミニマル・ピアノを趣向し始め、その中でも2009~2011年にかけてレーベルSIRENから発表されたピアノ三部作(『Notes And Crossings』、『Anonymous Lights』、『Strange and Secret Things』)が有名なのですが、それから約2年振り、精魂込めて丹念に作られた待望となるピアノ作品が本作です


-----------------------------------------------------------------
◎ブログ掲載商品は通販でも承れます◎
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
TEL: 03-3352-2691 (※6Fをご指名下さいませ)
e-mail:
ds1_6f@diskunion.co.jp
営業時間 (月~土) 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
6 7
14
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(08/20)
(08/19)
(08/19)
(08/19)
(08/18)
(08/18)
(08/17)
(08/17)
(08/17)
(08/16)
(08/16)
(08/16)
(08/15)
(08/13)
(08/12)
(08/12)
(08/12)
(08/11)
(08/10)