ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 ★6/20(金)本日のインディ/オルタナ新作入荷情報/国内盤「C86」入荷!!! 先着特典「カセットテープ付」お早めに!!
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 
 
■V.A. / C86 DELUXE 3CD EDITION
[BAD FEELING / JPN / 3CD / 4,644円] ★トートバッグ&カセット付盤もご予約受付中!!
28年の時を超え、後のシーンへ多大な影響を及ぼしたレジェンド・コンピレーション・カセット『C86』が、新たなボーナス・トラックを加え全72曲の3CDデラックス・エディションとして今に蘇る!一家に1枚的な歴史的快挙です!! 


NME誌が86年に、当時有望なアーティストをコンパイルした伝説のコンピレーション・カセット『C86』。その3枚組デラックス・エディション盤が驚愕の登場! 
昨年CHERRY REDより発売された『Scared To Get Happy 』(5枚組BOX)に続いて、聴き応えのあるコンピレーションが登場!本作は伝説のコンピレーション『C86』をオリジナル・アルバムとし、それに新たなボーナス・トラックを加えるなど全72曲の3枚組デラックス・エディション仕様!PRIMAL SCREAMをはじめ、PASTELS、WEDDING PRESENTなど錚々たるメンバーに加え、ネオアコ・ファン悶絶のオブスキュア・ネオアコ・アーティストも網羅。また、DISC3のM-7EPISODE FOURなどの音源をはじめ、現在の中古市場ではほとんど見かけることのできないレアな音源が収録されるなど、満足度200%の内容です。    
解説:多屋澄礼 (Twee Grrrls Club)
★先着特典:カセットテープ
 配布数限りございますのでお早めに!!!


■HISS TRACTS / SHORTWAVE NIGHTS 
[CONSTELLATION / JPN / CD / 2,592円]
GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR/SET FIRE TO FLAMESのDavid Bryantと、GROWINGのKevin Doriaによる新たなデュオ。 ポスト・ロック~ドローン~アンビエント・シーンの熟練の二人によってじっくりとあたためられたプロジェクトから待望のデビュー・アルバムが登場。 
HISS TRACTSは、約16年の間GODSPEED YOU! BLACK EMPERORのギタリストとして活動を続けているDavid Bryant、そして約13年の間GROWINGのベーシストとして活動を続けているKevin Doriaによるデュオ。本作はデビュー・アルバムではあるが、二人の出会いはGROWINGのアルバムをカナダはモントリオールのDavidのスタジオでレコーディングしたこと2004年に遡る。そこで意気投合したDavidとKevinは、いまやGY!BEのライブでは欠かせない16mmフィルムのエクスペリメンタルな映像を制作する作家・Karl Lemieuxのフィルム・フェスティヴァルでのパフォーマンスのバック・ミュージックを、一緒に制作し、それがこのHISS TRACTSのスタートとなった。その後も二人はデュオでの活動を続け、遂にこのたびアルバム『SHORTWAVE NIGHTS』でデビューを飾る。もともとのこのプロジェクトのスタートでもあるように、非常に映像換気力の高いドローン~ポスト・ロックだ。カナダ的な少し風変わりで瞑想的なギター・ノイズにエレクトロニクスがアクセントを加え、時に轟音となり、聞いている空間全体を暗い夢のように包み込んでしまうような荘厳な作品だ。 
For fans of… GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR, GROWING, THEE SILVER MT. ZION, SWANS, DO MAKE SAY THINK, EMERALDS, ESMERINE, MOGWAI etc


■WATTER (US) / THIS WORLD
[DISK UNION / JPN / CD / 2,484円]
SLINTのドラマーBritt Walford、GRAILSのマルチ奏者Zak Riles、そしてSLINTの活動拠点でもあるルイヴィルのミュージシャンTyler Trotterによる新たなトリオ。
Tony Levin (KING CRIMSON)、Rachel Grimes(RACHELS)、Todd Cook(THE FOR CARNATION, THE SHIPPING NEWS)など名だたるミュージシャンが参加し、ネオ・クラシカル~サイケ・フォーク・テイストの斬新かつ洗練されたエクスペリメンタル~クラウトロックを繰り広げるデビュー・アルバム!
WATTERは、ポスト・ロック源流の伝説的なバンドであるSLINTのドラマーBritt Walfordを中心に、ポートランドのインストゥルメンタル・バンドGRAILSのマルチ奏者であるZak Riles、そしてSLINTの活動拠点でもあるルイヴィルのミュージシャンTyler Trotterによって結成された三人組。BrittにとってはSLINT以来約20年ぶりの、主体的に参加する新たなバンドとなる。
ルイヴィルのスタジオで何度も行われた真夜中のジャム・セッションから生まれた曲が詰まっているという本作には、Rachel Grimes(RACHELS)やTodd Cook(THE FOR CARNATION, THE SHIPPING NEWS)などBrittのつながりのルイヴィル/TOUCH&GO周辺アーティストも参加している。さらには、KING CRIMSONのベーシストであるTony Levinがアルバム中で最も長尺のM3‘Small Business’に参加し、本作のスケールを一弾と押し広げている。
無国籍なフォークやネオ・クラシカル、映画音楽などの情緒を湛え、静けさと激しさの波が悠然とうねるサイケ、クラウトロック、ニュー・エイジ。成熟したポスト・ロック世代のための新たなクラウトロック~エクスペリメンタル・サウンドの提示である。
For fans of… SLINT, GRAILS, CAN, NEU!, JOHN FAHEY, TORTOISE etc


■BRIAN JONESTOWN MASSACRE / REVELATION
[WISE RECORDS / JPN / CD / 2,376円]
テンプルズやトイ、ホラーズの大先輩!
結成から今年で24年目、希代のサイケデリア・バンドとしてミュージシャンからも多数のリスペクトを受けるネオ・サイケデリアの代表格、ブライアン・ジョーンズタウン・マサカーの14枚目となるフル・アルバムが登場!
昨今のUKニューカマー・バンドの代表でもあるテンプルズ(TEMPLES)やトイ(TOY)のサイケデリアなサウンドに陶酔してしまった方に是非聴いていただきたい、90年代以降のサイケ・バンドの代表格として知られるブライアン・ジョーンズタウン・マサカー、前作『アウフヘーベン(Aufheben)』から約2年振りとなる14枚目のニュー・アルバム!
奇才としても知られる中心人物=ANTON NEWCOMBEがベルリンに作った自身のスタジオでレコーディングされたこともあり、音の立ち方や抜け方が空中をユラりとしながらも絶妙なバランスでピリッと背すじが伸びているような緊張感もあり、サウンド構築のバランスやアレンジは見事。
これまでの東洋神秘なエキゾチック感、澱んだファズ・ギター、アシッド・フォークなども本作に踏襲されつつも、ANTONがベルリンに在住しているせいなのかクラウト・ロックやジャーマン・ニュー・ウェイヴなどの音像までも巧みに料理し、音の広がりや深さがよりレベル・アップした逸品となっています。
解説:荒井 培
★先着特典:缶バッチ


■DIE NERVEN / FUN
[SIGNS AND SYMPTOMS / JPN / CD / 2,484円]
ドイツのCLOUD NOTHINGSか、JOY DIVISIONの生まれ変わりか。
ドイツを拠点に活動するポスト・パンク~オルタナティヴ・ロック・バンド=DIE NERVEN。硬質なサウンドにさらに鋭く磨きをかけて飛躍する2ndアルバム!
南ドイツで活動する三人組、DIE NERVENは、2012年にファースト・アルバム『Fluidum』でデビューした。翌2013年には伝説のカルト・ジャンク・レーベルAmphetamine Reptileのレーベルオーナーに見出され同レーベルより7”シングルをリリースした経歴も持つ。そして、ファーストから約2年ぶりで、そのサウンドにさらに鋭く磨きをかけたニュー・アルバムである本作『FUN』が完成した。
JOY DIVISIONやBAUHAUSのようなダークに疾走するポスト・パンクに、EINSTURZENDE NEUBAUTENも思わせるドイツらしく金属的で硬質なインダストリアルが交錯し、USハードコア的な暗鬱さと怒りにも満ちあふれたサウンドに仕上がっている。荒涼とした手触りはFUGAZIやMISSION OF BURMAなども思わせ、CLOUD NOTHINGSやICEAGEといった近年のインディ・ロックとも共鳴する作品です。

★先着特典:缶バッチ



■HEAVY (ROCK) / GREAT VENGEANCE AND FURIOUS FIRE
[ビート / JPN / CD / 1,620円]
小栗旬が桃太郎に扮する超話題の「ペプシネックス・ゼロ」CMに起用され、大ブレイク中のザ・ヘヴィーの1stアルバムがスペシャル・プライス+ボーナストラック2曲追加収録で再登場!!
“まるでカーティス・メイフィールドとレッド・ツェッペリンがセッションしたかのよう”と評論家を唸らせたデビュー作。60〜70年代のロック/ソウル黄金時代の普遍的なフレイヴァーをヒップホップ以降の現代の感覚で融合させたグルーヴが絶賛された傑作!
・国内盤CD:ボーナストラック2曲収録
解説:沢田太陽(Hard to explain)


■HEAVY (ROCK) / HOUSE THAT DIRT BUILT
[ビート / JPN / CD // 1,620円]
小栗旬が桃太郎に扮する超話題の「ペプシネックス・ゼロ」CMに起用され、大ブレイク中のザ・ヘヴィーの2ndアルバムがスペシャル・プライス+ボーナストラック2曲追加収録で再登場!!
日本でも大ヒットした映画『テッド』や『ザ・ファイター』、さらに世界一の視聴率を誇るスーパーボウルのスポンサーCM曲や2012年にオバマ大統領が再選を果たした際のBGMとして起用され世界的ヒットを記録した「How You Like Me Now?」の他に、NME誌に絶賛された「Oh No! Not You Again!」、ジミ・ヘンドリックスを彷彿とさせるリフが超ロックな「What You Want Me To Do」等、全米で驚異のセールスを記録した代表作。アークティック・モンキーズ、アデル、カサビアンを手がけたヒット・メーカー、ジム・アビスがプロデュース。
・国内盤CD:ボーナストラック2曲追加収録
解説:井上由紀子

----------------------------------------------------------
◆新宿本館6Fインディ/オルタナティヴロックフロア
※ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きご利用頂けます。
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
TEL: 03-3352-2691 (※6Fをご指名下さいませ)
e-mail: ds1_6f@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00
▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
4
11
17 18
25 26 27 28 29 30
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(09/24)
(09/23)
(09/23)
(09/22)
(09/22)
(09/22)
(09/21)
(09/21)
(09/20)
(09/20)
(09/19)
(09/19)
(09/16)
(09/15)
(09/15)
(09/14)
(09/14)
(09/13)
(09/13)