ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 9/6(土)はアヴァンギャルド新着中古CDセール開催!!
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 
9/6(土)アヴァンギャルド新着中古CDセール開催決定!!

80'Sインダストリアル、実験電子音楽、コンテンポラリー系などなど名盤ばかりを
100枚以上投入いたします!!

出品1例です↓
●SPK /DOKUMENT III0 1979-1983 /VINYL ON DEMAND / 6LP+BOX+BOOK+T-SHIRT+7インチ3枚+ポストカード/ ボックスの金具不良あり/盤質A
ヴィニール・オン・デマンド遂にSPKのアーカイヴ補完に着手!! VODの気合がヒシヒシと伝わる、Tシャツ付き、初の木製ボックス仕様!! “Wars of Islam”、“From Science to Ritual”、“at The Crypt”、“Last Attempt at Paradise” などの最初期のテープ音源 に加え、79年シドニーでのファースト・コンサート、80年UK、ベルリン、その他のライヴ音源なども収録。36ページのブックレットも強烈!! こちらはVODの通販限定メンバーズ・エディション!!SIDE EFFECT最初期7インチ音源収録の3枚+ポストカードセット!!そうとうヤバイ!! これっきり!!

●CONLON NANCARROW/QUARTETS AND STUDIES/WERGO /盤質A
シュトックハウゼンの 「ヘリコプター・クァルテット」 を始め、現代曲を専門に演奏する名門アルディッティ弦楽四重奏団によるコンロン・ナンカロウの作品集。ナンカロウの作品を特徴付ける微分リズムの演奏を可能にした自動演奏ピアノ作品 (プレイヤー・ピアノ) の為の ‘Studies’ シリーズを弦楽アンサンブルにアレンジして収録。難解ゆえ演奏が困難とされたプレイヤー・ピアノ以前の弦楽四重奏の為の ‘String Quartet #1’ と、アルデッティ弦楽四重奏団との出会がナンカロウを再び器楽曲に向かわせたプレイヤー・ピアノ以降の弦楽四重奏の為の ‘String Quartet #3’ を収録。

●CHOP SHOP/OXIDE/23Five /盤質A
ニューヨーク・ノイズの大ベテランCHOP SHOPの2008年作品。とにかく、驚異の硬度を誇る超高密度エレクトロニクス・ドローンが圧巻!! 石臼をアンプリファイして変調したらこんな感じか。とにかく凄まじい迫力!!

●IANNIS XENAKIS/PALLIMST/EPEI/DIKTHAS /WERGO /盤質A
クセナキスの70年代室内楽作品を収録した作品集。ユニゾンするピアノとヴォーカル、パーカッションが強烈なイントロから高低差の激しい圧巻の ‘Palimpsest’ (79年)、弧を描くグリサンドが印象的な ‘Epei’ (76年)、瞬く星のように点在するピアノとヴァイオリンガ交互に配置された ‘Dikhthas’ (79年)、アブストラクトな音雲にスキャットがアクセントを加える ‘Akanthos’ (77年) など、聴き応えの十分の作品集。大推薦!!

●JOHN CAGE /IMAGINARY LANDSCAPES//HAT HUT RECORDS /未開封
打楽器と周波数テスト用のレコードを用いた、ジョン・ケージ初の電子音楽/ライヴ・エレクトロニクス作品として知られる ‘Imaginary Landscapes’ を1〜5まで収録した作品集。件のターンテーブルを用いた ‘Imaginary Landscapes1’ (1939年) や、ラジオの不確定な要素を演奏として作品に用いた‘Imaginary Landscapes4’ (1951年) など、人気の作品を収録。同じくHat Hutからリリースされているジェイムス・テニーの ‘Pika-Don’[hat(now)ART 151] でスリリングな演奏を聞かせるパーカッション・アンサンブルMaelstroem Percussion Ensembleが演奏を担当。合わせて、ケージの85年のパーカッション作品 ‘But What About The Noise...?’ (1985年) も収録しています。

●ZBIGNIEW KARKOWSKI/TETSUO FURUDATE/ZEITKRATZER /WORLD AS WILL III /SUB ROSA/未開封
23 Fiveからもリリースのあるズビグニュー・カーコウスキーと古舘徹夫 によるコラボレーション第3弾。当然、荒れ狂う重低音ノイズだが、なんと (あの) ルー・リードの 『メタル・マシーン・ミュージック』 を室内楽アンサンブルでカヴァーして話題となったZEITKRATZERがこのデュオを再演!! なるほど、Sub Rosaらしい頓知の効いたリリース!!

●OSSO EXOTICO + Z'EV/OSSO EXOTICO + Z'EV /CROUTON /盤質A
ポルトガルのOSSO EXOTICOとメタパーの帝王Z'EVのコラボレーション音源。モアレ系のドローンと接触不良を起こしたメタル・パーカッションがゆっくりと立ち上がるイントロからカッコイイ。ガシャガシャと騒音を立てるジャンク音と重層的なドローンは、殺伐とした原野を思わせるサウンド・スケープである。

●RYOJI IKEDA/1000 FRAGMENTS /RASTER-NOTON /未開封
今やサウンド・アートの世界的第1人者となった池田亮司が95年にリリースしたファースト・アルバム。自身の過去10年の活動を総決算したというこのファースト・アルバムは、いわゆるサウンド・コラージュ、プランダーフォニックの手法をミニマリズムに応用したもので、Touch以降の作品にて世界を震撼させた "ウルトラ" なミニマリズムの芽生えを感じさせる。かの名作 “+/-” が発表されたのはこの翌年のこと。

●TERRY RILEY /LAST CAMEL IN PARIS /ELISION FIELDS /未開封
テリー・ライリーの78年パリでのオルガン・コンサートを収録したコンサート音源。ディレイ・システムを効果的に使用した瞑想的でサイケデリックなオルガン・ミニマルを収録。‘A Rainbow in Curved Air’ に代表されるライリーのサイケデリック・ワークス愛好家はマスト。

●IROLAMO DE SIMONE/SHAMA/DIE SCHACHTEL / 未開封
同レーベルからの異例のヒットとなったルチアーノ・クリオの作品でピアノを弾いていたという作曲家、ギロラモ・デ・シモンによるソロ作。美しいソロ・ピアノ・ピース、フィールド音によるコンクレートなどが並ぶミニマル小品集となっており、その音楽性からクリオにはまった方は必携です!!

●MAX NEUHAUS/ZYKLUS: FOUR REALIZATIONS OF STOCKHAUSEN /ALGA MARGHEN /シュトックハウゼン古典とも呼ぶべき名曲「打楽器のためのツィクルス」(59年) を、テキサス出身の実験パーカッショニスト、マックス・ニューハウスが63-68年に演奏した記録を集めたドキュメントCD。打楽器エクスペリメンタル好きはとにかく必聴!!!

●PAULINE OLIVEROS/CRONE MUSIC /LOVELY MUSIC /未開封
EXPANDED ACCORDION(エクスパンデッド・アーコーディオン)とはデジタル・ディレイに純正調にチューニングしたアコーディオンを通過させたオリヴェロス考案のシステムで、今作はエクスパンデッド・アコーディオンを使用したオリヴェロス89年の作品です。南米辺りのタンゴを思わせる手慣らしのようなフレーズに導かれるように、徐々に深い響きへと落ちていくアコーディオンの引き伸ばされた音。絹のような軽やかさでタユタウ音を描いたかと思えば、切り込むような鋭い音に表情を変えるアコーディオンの音色。ディレイ効果により個々の音が紡がれ一つのドローンを形成したころ、聴衆者は深い瞑想へと誘われていることでしょう。

●MERZBOW /ARIJIGOKU /VIVO /未開封
秋田昌美氏がドラムも演奏!! 秋田氏の手数の多いハード・コアなドラムと問答無用のハーシュ・ノイズが電気の壁を作り上げる。

● DIANA ROGERSON /LIGHTS ARE ON BUT NO ONES HOME /UNITED JNANA /未開封
NURSE WITH WOUNDのスティヴ・スティプルトン夫人ダイアナ・ロジャーソンが、1985年にUnited Dairiesからリリースしたソロ・プロジェクトCHRYSTAL BELLE SCRODD以来となるソロ・アルバムをリリース!! スティプルトンとコリン・ポッターのサポートによりN.W.W. の現在形といえるシュール&深遠な音響世界を構築、ダイアナのつぶやく様な歌声と共に聴くものをナイトメアへと誘う名作!!

●ALAN BRYANT / SPACE TECNO / IRML /未開封
イタリア実験音楽家集団MEVのメンバーALAN BRYANTの自家製レーベルIRMLからの自身の作品は、タイトルの “Tecno” (テクノ) が表しているように、コズミックな電子音即興作品となっている。60年代や70年代の電子音楽を思わせる無骨な電子音や異形のパルスが放出される様は、電子音楽ファンの心を100%射抜くこと必死。(当たり前だけど…) 飽きのこない即興演奏はサスガ。

●LOREN MAZZACANE CONNORS/JEAN-MARC MONTERA/THURSTON MOORE/LEE RANALDO/MMMR /XERIC /未開封
マザケイン・コナーズとジャン=マルク モンテラ、サーストン・ムーア、リー・ラナドルというUSインプロ界の鬼才が集ったスーパー・セッション!! 3セット収録してあり、マザケインとモンテラのディオによるファースト・セッション、それにサーストンを加えたセカンド・セッション、さらにリーを加えたサード・セッションとなっている。

● JACKIE-O MOTHERFUCKER /VALLEY OF FIRE/ヤッカ /未開封
アメリカ伝統のフォーク/ブルースを斬新に再構築した前作 『Flags of Sacred Harp』 から早2年、米オレゴン州ポートランドの即興音楽集団ジャッキー・オー・マザーファッカー.前作の延長上にありつつも、クラウトロックやクラシックなウエストコースト・ロックのエッセンスを取り入れたまったく新しいオリジナルなアルバム。彼らの持ち味であるカオティックで高度な即興演奏とみずみずしく美しいソングライティングのコントラストの絶妙なバランスが堪能できる内容になっている。このバランスがJOMFが固定概念に捕われない自由な即興演奏を取り入れるフリー・フォーク/アヴァン・ロックシーンの中でも常に頭一つ抜き出ている理由であろう。

●NURSE WITH WOUND/SHIPWRECK RADIO VOLUME ONE /ICR /未開封
COLIN POTTERのICRからリリースとなるN.W.W.の2004年の作品。COLIN POTTERとSTEVE STAPLETONによりノルウェーで録音された本作は、当時地元の放送局で放送されたものからの抜粋だとか。ノイズ/具体音/フィールド音などがコラージュ/音響処理された、抽象的で幽玄なドローンは初期作品を思わせる異様な雰囲気に仕上がっています。

●NURSE WITH WOUND/SHIPWRECK RADIO VOLUME TWO /ICR /未開封
COLIN POTTERとSTEVE STAPLETONによるノルウェイ・レコーディングの第2弾目です。前作に引き続き、初期の頃に立ち返ったようなダークなエレクトロ・アコースティック・ドローンの異様な様相はN.W.W.愛好家はもちろん、これからN.W.W.ビギナーにもオススメしたい大傑作です。

●QUARTETTO/ORGANIC, PLAYCO 1969 /ALGA MARGHEN /未開封
以前、同レーベルから突然のCDリイシューで謎のヴェールを少しだけ開いた、イタリア地下ジャズ集団の69年作品。基本メンバーはDavide Mosconi (ピアニスト)、Enzo Gardenghi (サックス)、Marco Cristofolini (パーカッション)、Gustavo Bonora (チェロ、バイオリン) の4人構成で一様はスピリチュアルなグルーヴ・ジャズの展開、だがそこは音楽における暗黒国家イタリアらしい独自路線の呪詛グルーヴに。アヴァン専門のレーベルの出すジャズは特異性有ります。

●LUIGI NONO/COMPLETE WORKS FOR SOLO TAPE /STRADIVARIUS /未開封/2CD
ルイジ・ノーノのテープ作品集。Edition Rzからリリースされてる作品集に80年代の凶暴極まりないライヴ・エレクトロニクス作品が収録されているが、テープ作品も厳しい音満載の好内容。本作は、マデルナ、ベリオが仕切ったミラノ放送局RAI電子音楽スタジオに残された音源から構成されており、60年代初頭の最初期の音源から74年までのテープ音源を収録。バリバリの共産主義時代の作品ということもあり、硬質なコンクレート・サウンドが無愛想にコンポジションされていて堪らない。

●RANCOIS BAYLE/SON VITESSE /MAGISON / 2CD /未開封
恍惚のドリーミー・サイケデリック電子音楽!! ベイル作品集の9/10作目は、80年代初頭の作品を2CDで収録。電子音の線が生き物のように縦横に動くスピリチュアル電子音に唖然としますが、中ジャケを見てビックリ!! 照明で赤く染まったステージに、アクースニウムが!! 赤いステージってだけでもステキなのに (シュトックハウゼンのトランスみたいね)、これほどのスピリチュアル音響が空間を動き回ったら…。って考えたらヨダレが出そう。電子音楽ファン以外のサイケデリック・ファンにもぜひ聞いて頂きたい推薦盤!!

●STEVE REICH /TRIPLE QUARTET /NONESUCH /未開封
そのクロノス・カルテットがこれまた米ミニマリスト御大スティーヴ・ライヒの新作に参加・・・って大傑作「ディファレント・トレインズ」以来10年ぶり?まあライヒ自身の新曲としても6年ぶりだから、まさに待望の一言!タイトルまんまにカルテット曲をテーマとした表題作の他、ファンにはお馴染みの名曲「ヴァイオリン・フェイズ」のエレキ・ギター版&「大アンサンブルのための音楽」の新録収録。
▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1
8
15 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(10/18)
(10/18)
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/14)
(10/14)
(10/13)
(10/13)
(10/12)
(10/12)
(10/11)
(10/11)
(10/10)
(10/09)
(10/07)
(10/07)