ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 インディ/オルタナ新譜情報 MORRISSEY新作LP、PAINS OF BEING PURE AT HEART 1stリイシューなど入荷!
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 





●MORRISSEY / LOW IN HIGH SCHOOL (LP/TRANSPARENT GREEN VINYL/INDIE-RETAIL EXCLUSIVE) 輸入LP LP(レコード)(10)3,672円(税込) (BMG / 96013)

商品レビュー

UKの伝説的ロック・バンド、THE SMITHSの元フロントマン、モリッシーが3年ぶりとなるニュー・アルバム『LOW IN HIGH SCHOOL』をBMG傘下の自らの新レーベル”Etienne Records”からリリース!

■ INDIE-RETAIL EXCLUSIVE:TRANSPARENT GREEN VINYL, GATEFOLD,VERY LIMITED、INCLUDES DOWNLOAD

プロデューサーは前作『WORLD PEACE IS NONE OF YOUR BUSINESS』に引き続き、ジョー・チッカレリ(U2、BECK、THE STROKES、THE WHITE STRIPES他)を起用しており、レコーディングはイタリア・ローマにあるエンニオ・モリコーネのForum Studios、フランスのLa Fabrique Studiosで行われた。









●PAINS OF BEING PURE AT HEART / PAINS OF BEING PURE AT HEART (LP) 輸入LP LP(レコード)(10)2,592円(税込) (FORTUNA POP! / )

商品レビュー

MY BLOODY VALENTINEに影響を受けたNY出身の4人組インディ・ロック・バンド、PAINS OF BEING PURE AT HEARTのデビューアルバムが遂にリリース!
疾走感溢れるバースト・ノイジー・ギターと男女混合ボーカルの甘いメロディが織り成す至高のアノラック・サウンド!! 極上スウィーツのように甘い王道シューゲイズ & アノラック・ワールドをどうぞご堪能あれ!ソングリスト






●KING KRULE / THE OOZ (LP) 輸入LP LP(レコード)(10)3,024円(税込) (XL RECORDINGS / XL872LP)

商品レビュー

若き孤高の天才であり現代最高峰の吟遊詩人、UKのSSWアーチー・マーシャルがKING KRULE名義では2作目となるアルバム『THE OOZ』をリリース!

■ブラック・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

2013年『英国BBCが選ぶブレイクする新人リスト』においてハイムやチャーチズ等と共に選出され、次世代UKシーンを担う存在として一躍脚光を浴びた孤高のアーティスト、キング・クルールこと本名アーチー・マーシャル。
トム・ウェイツを彷彿とさせる渋くしゃがれたヴォーカルと語りかけるように歌う独特のスタイルでUKシーン現代最高峰の吟遊詩人と評される孤高の天才シンガーである逸材が、キング・クルール名義としては2013年のデビュー作『SixFeetBeneaththeMoon』以来、実に4年ぶりとなる2作目『TheOoz』をリリース!
本作でもUKベース・ミュージック~ロックンロール~ブルース~ポスト・ダブステップ~ヒップホップ等多彩な音楽性を全く新しい形に昇華させたサウンドと、それに合わせて歌われるミステリアスで独特な歌詞の世界観が随所に披露された。失われたロマンスと自らがバラバラになっていく様を痛ましい詳細と共に歌い上げ、そこに渦巻くジャズとギターが鳴り響く「BiscuitTown」(M-1)、愛する街で、心休まる場所を必死に探すが、その願いとは裏腹にひたすら暗いムードが空気を覆い尽くしていく様子を表した「CzechOne」(M-11)や「TheCadetLeaps」(M-16)、そしてドラッグが与える高揚感もその状況は打開できない「EmergencyBlimp」(M-10)や「(ASlideIn)NewDrugs」(M-12)など、まるで南ロンドンの壁の割れ目から染み出したかのように、荒涼とした風景や急激に落ちぶれてしまった悲惨な街の様子を巧みな言葉で表現した歌詞が、国を超えて多くの同世代から共感を獲得するであろう傑作がここに完成。







●KITTY, DAISY & LEWIS キティ / DOWN ON MY KNEES' /'YOU'RE SO FINE (7"/SIGNED) 輸入7" 7"(レコード)(1)1,404円(税込) (SUNDAY BEST / SBESTS208S)

商品レビュー

あらゆるルーツ・ミュージックへの愛情と、ヴィンテージ・サウンドへの強いこだわり、それでいて愛らしくポップなセンスで毎回フレッシュなサウンドを届けてくれるKITTY, DAISY & LEWISが2年ぶり4作目となる最新アルバム『Superscope』から「Down On My Knees」を7インチシングルでリリース!

■限定サイン入り





●MORRISSEY / LOW IN HIGH SCHOOL (CASSETTE TAPE) 【LTD】 輸入CASSETTE TAPE CASSETTE TAPE(9)1,836円(税込) (BMG / 96014)

UKの伝説的ロック・バンド、THE SMITHSの元フロントマン、モリッシーが3年ぶりとなるニュー・アルバム『LOW IN HIGH SCHOOL』をBMG傘下の自らの新レーベル”Etienne Records”からリリース!

■限定カセットテープ

プロデューサーは前作『WORLD PEACE IS NONE OF YOUR BUSINESS』に引き続き、ジョー・チッカレリ(U2、BECK、THE STROKES、THE WHITE STRIPES他)を起用しており、レコーディングはイタリア・ローマにあるエンニオ・モリコーネのForum Studios、フランスのLa Fabrique Studiosで行われた。






●ジョージ・クラントン / 100パーセント・エレクトロニカ 【特典:ステッカー / ボーナストラック収録】 国内CD CD(4)2,484円(税込) (インパートメント / IPM-8080)

全曲とびっっっきりのシンセポップ!ニューウェイヴ、チルウェイヴ、ヴェイパーウェイヴの酸いも甘いも打ち出す、NYの注目レーベル100% Electronica。その始まりとなった”100% Electronica”のレーベルオーナーでもあるジョージ・クラントンによる大名盤『100% Electronica』が遂にCD化!

■ボーナストラック9曲収録、100% Electronicaステッカー付き

『100% Electronica』はGeorge Clantonが2015年に発表した1stアルバムであり、また彼が主宰するレーベルの名前でもある。それ以前のチルウェイヴ最盛期には"Mirror Kisses"としてインターネット上を騒がせ、ヴェイパーウェイヴが形作られていったときには"Esprit 空想"の名前でインターネット上を騒がせた。そんなClantonが本名で発表した『100% Electronica』は、とびっっっきりに楽しく夢があるシンセポップだった。それと前後してレーベルの『100% Electronica』も開始。アンビエントでありファンクであり、過去の大量消費カルチャーなイメージとともにどこまでも低ピッチで溺れていく"Esprit 空想"や、ティーンの頃から活動していた"Mirror Kisses"というClanton自身の音楽を筆頭に、トランス心で妖しく歌うパートナーの"Negative Gemini"、Mexican Summerからのアルバムも素晴らしかったカナダのサイケ兄弟"Tonstartssbandht"といった現在のアーティストはもちろん、このレーベルが支持されるのは、名盤のリイシューに対するエネルギーと冒険心にもある。おなじくヴェイパーウェイヴ始まり期の話題をさらった"Surfing"の名1stや、そのヴェイパーウェイヴの連中がこぞって聴き惚れサンプリングし倒した"Software"の89年アンビエント「Digital-Dance」、リイシューやりたいからやったという元はRough Tradeから出た84年のAOR / ニューウェイヴ都会盤"Microdisney" - 「Everybody Is Fantastic」など、ほかにもデジタルだけの再発が多数。そんな背景と感性をもったレーベルオーナーによる音楽がこれ。このアルバムをサンプリングして新たなヴェイパーウェイヴの実験をした"Esprit 空想"名義の『200% Electronica』リリースにあわせて、InpartmaintよりCDでリリースです。ボーナスとして9曲を追加収録、100% Electronicaステッカーつき!












●シャルロット・ゲンズブール / レスト 国内CD CD(4)2,654円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-17916)

フランスを代表する女優、シャルロット・ゲンズブールが約7年振りとなるアルバム『REST』をリリース!ポール・マッカートニーが曲を提供!ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(DAFT PUNK)がプロデュースで参加!

天才アーティスト故セルジュ・ゲンズブールと人気女優ジェーン・バーキンとの間に生まれた天才女優、シャルロット・ゲンズブール。
2006年に豪華強力制作陣と共にアルバム『5:55』を発表し、2010年にはベックとタッグを組んだアルバム『IRM』を発表、映画の世界だけでなく音楽の世界でもその力強くも可憐なその魅力を世界に向けて発表してきた彼女が、スタジオ・アルバムとしては前作『IRM』より約7年振りとなる最新作『REST』を完成させた。
シャルロットの出生地であり、母=ジェーン・バーキンの母国である【英国】と、父=セルジュ・ゲンズブールの出生地である)【フランス】、この作品はいわば【母】と【父】をつなぐ“架け橋”ともいえよう…。アルバム・タイトルになっている『Rest』は、言うまでもなく、お墓に刻まれる最初の言葉(Rest In Peace)であるが、フランスでは、恋人に、行かないで、とお願いするときにも使われる言葉だという。
彼女の新しい作品『REST』は、図らずも、彼女自身のエモーショナルな側面をじっくりと検視したようなセルフ・ポートレートであり、そこには、スターと呼ばれる人々が抱える傷や脆さなどがまざまざと曝け出されている。一般家庭とは違い、父にセルジュ・ゲンズブール、母にジェーン・バーキンという有名人一家という、ある種、特殊な環境下で育った彼女であったが、シャルロットは実は独りでいることが好きだという。幼少期から既に注目される対象であったはずだが、そんなときでも彼女は「自分らしさをどこかに手放さない」ようにしていたと言う。
「いつも、自分が思ったことを書き留めておきたいと思っていたし、私が満足する言葉が見つかるまで決してあきらめないようにしていた」と語るシャルロット。そんな彼女の音楽面では、ベックや、コナン・モカシンのようなさまざまアーティストが身近にいたのだが、「音楽的に深い造詣をもっていない」というコンプレックスが常に彼女の傍にあった様だ。そして、セルジュ・ゲンズブールを父に持つ、という逃れようのない重圧の為なのか、(意外にも思えるが)《フランス語で歌詞を書く》ということからは敢えて距離を置いていたという。 
彼女の姉であり、ジェーン・バーキンの娘(長女)であるケイト・バリーを2013年に亡くしたことで、シャルロットは「臆することなく自らを開放することを決めた」と語る。
「私は激しい悲しみの中にいた時期だったし、そういった側面を表現することは難しいことではなかった」と。シャルロットは自身のベールをあげ、まず自身で歌詞を書くことから始めた。」
それはしばしば、Journals(日記)からインスピレーションを受けていたという。彼女は今までやってこなかったフランス語での作詞をはじめ、「父親=セルジュとの永遠の別れ(Lying With You)」や、「彼女の姉の逝去 (Kate) 」、「彼女の深刻なシャイネスについて(I’m a Lie)」、「彼女の子供期のおそれについて(Les Crocodiles)」、「来世について(Les Oxalis)」、「時間の流れについて(Ring-A-Ring O’ Roses)」、「彼女の脈打つ鼓動について(Les Traits)」など、パーソナルな事柄についてにフォーカスした楽曲が多いことが見て取れる。彼女がNew Yorkに移住することを自ら決めたことも音楽面には大きな影響を与えたのだと推察される。環境を強制的に変えることで、過去の自分と、今の自分を切り離すことに成功した彼女は、このように語っている。「NYに移り住んだことで、私自身にかつてあった重圧から解放されたの。フランスでは、なんとしてでも自分自身を守ることを学んだ、でもここでは、新しい生活、新しい街、すばらしい自由の感覚ってものを発見したわ。」とシャルロットは語っている。
プロデューサーにフランク・オーシャン、仏エレクトロ・ハウス・アーティストのKavinsky(カヴィンスキー)などのプロデュースで知られるEd Banger出身のアーティスト/DJであるSebastiAn(セバスチャン)を迎え、従来の殻から脱却したという今作『REST』。シャルロットは「彼(セバスチャン)の強烈さと、私のシャイネスを覆い隠してくれる、音楽で自身を表現するエクストリームな表現方法を信じたの。私がどのように感じるかを彼が理解することだって自信があったし」と、絶大な信頼を寄せるプロデューサーの存在についてこのように語っている。
セバスチャン以外にも、多数のアーティストが今作には参加、アルバムにカッティング・エッジなエレクトロ・エッセンスを混ぜ込むことに成功している。
コナン・モカシン, オーウェン・パレット(Arcade Fire, Caribou, Franz Ferdinand)、そしてTom Elmhirst (Frank Ocean, David Bowie, Jamie XX, Adele)がミックスを担当するなど豪華多彩だが、ここで特筆すべきはやはり「Songbird In A Cage」を書いたサー・ポール・マッカートニーと、表題曲「Rest」の編曲およびプロデュースを手がけたGuy-Manuel de Homem-Christo(ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト)*ダフト・パンク であろう。







● / ノー・ラシャス・ライフ 国内CD CD(4)2,376円(税込) (BEAT RECORDS、GOLDEN TEACHER RECORDS / BRC-562)


  
  
新宿本館6Fツイッター新宿本館6フェイスブック新宿本館6LINE
    • 駐車場サービス 詳細はこちら
    • メルマガ配信中!! 登録はこちら
-----------------------------------------
◆新宿本館6Fインディ・オルタナティヴロック館
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

【TEL】 03-3352-2715

【買取専用フリーダイヤル】 0120-269-656
【MAIL】 ds1_6f@diskunion.co.jp 

買取担当:澤田 / 小倉 / 肥沼





▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
25 26 27 28 29 30
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(12/31)
(12/24)
(12/23)
(12/16)
(12/10)
(12/09)
(12/09)
(12/08)
(12/08)
(12/07)
(12/06)
(12/06)
(12/06)
(12/05)
(12/05)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/01)