ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 8/13(月)インディ・オルタナ新譜入荷情報
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 



●CORAL / MOVE THROUGH THE DAWN (LP) 輸入LP 3,240円(税込) (REIGNITION / IGNLP148)

UKリバプール出身のバンド、THE CORALが2年半振りとなるニュー・アルバム『MOVE THROUGH THE DAWN』 をリリース!

2016年、6年振りとなったオリジナル・アルバム『ディスタンス・インビトウィーン』を発表し、第二章へ突入した新生ザ・コーラルが、約2年半振り、通算8作目となるスタジオ・アルバム『ムーヴ・スルー・ザ・ドーン』を発売する。新作はバンド自身がピュアなメロディに立ち戻り、パーフェクトとも言える11曲を収録した、“これぞ、ザ・コーラル”的な作品。前作同様にリヴァプールのパー・ストリート・スタジオにて録音、バンドとリチャード・ターヴェイがプロデュースを手がけている



●CORAL / MOVE THROUGH THE DAWN 輸入CD 1,620円(税込) (REIGNITION / IGNCD148)

UKリバプール出身のバンド、THE CORALが2年半振りとなるニュー・アルバム『MOVE THROUGH THE DAWN』 をリリース!

2016年、6年振りとなったオリジナル・アルバム『ディスタンス・インビトウィーン』を発表し、第二章へ突入した新生ザ・コーラルが、約2年半振り、通算8作目となるスタジオ・アルバム『ムーヴ・スルー・ザ・ドーン』を発売する。新作はバンド自身がピュアなメロディに立ち戻り、パーフェクトとも言える11曲を収録した、“これぞ、ザ・コーラル”的な作品。前作同様にリヴァプールのパー・ストリート・スタジオにて録音、バンドとリチャード・ターヴェイがプロデュースを手がけている




●HOUNDMOUTH / GOLDEN AGE 輸入CD 1,620円(税込) (WARNER BROS / 9362490606)

名門ラフ・トレードに見いだされ、アラバマ・シェイクスやザ・ルミニアーズのサポートを務め、一躍人気バンドへと成長したインディアナ出身のロック・バンド、HOUNDMOUTH。心機一転ワーナーブラザーズ・レコードに移籍してからの第一弾アルバムで描くのは、ノスタルジックなオーガニック・サウンドを突き詰めた向こうに見えた“ノスタルジックな未来”の音世界!

名門ラフ・トレードに見いだされ、アラバマ・シェイクスやザ・ルミニアーズのサポートを務め、一躍人気バンドへと成長したインディアナ出身のロック・バンド、HOUNDMOUTH(ハウンドハウス)。2013年に『FROM THE HILLS BELOW THE CITY』、2015年に『LITTLE NEON LIMELIGHT』をリリースした彼らだが、2016年にキーボードとハーモニーを担当していたKatie Toupinが脱退、3人編成となった彼らだが、心機一転ワーナーブラザーズ・レコードからの第1弾となるニュー・アルバム『GOLDEN AGE』をリリースする。
アメリカーナをルーツとしたハーモニーの美しいオーガニックなサウンドで、人気を集めていたハウンドマウスだが、本最新作『GOLDEN AGE』では、そのサウンド面に大きな新機軸を打ち出している。“ノスタルジックな未来”をコンセプトとした本作で、彼らはそのテーマを表現するサウンドを探求するために、ヴィンテージのVoxアンプや、ヴォコーダーやムーグ、ストリングスにティンパニ、バリトン・サックス、生ドラムにヴィンテージのドラムマシーンLinn Drum、ありのままのピアノにディスト―ションをかけたギターなど、実に多種多彩な楽器を手にしたという。「人間とテクノロジーに現在何が起きているのか、そのことで結構頭が一杯だった」と語るのは、フロントマンのMatt Myers。「だから、自分たちの音楽の方向性がそれを反映しているのも自然なことだと思う。シンセサイザーやドラム・パッドを使うことにも違和感はなかった。その内、”ブルース・スプリングスティーンxダフト・パンク”みたいな音楽つくっちゃおうぜって感じになっていたような気がするよ」
  アルバムの発売に先駆けて公開されたトラック「This Party」や「Modern Love」は、いずれもシンセやエレクトロを取り入れた楽曲で、これまでのオーガニックなサウンドからの変化に驚くファンも多いかも知れない。その点について、Matt Myersはこう説明している。「これまでより風変りになっているかも知れないけど、人間的な要素は変わらず中心になっている。どうしても逃れられないトム・ペティやランディ・ニューマン、ザ・バンドからの影響はあるけど、その部分は自分でも変えたくないと思っている。俺たちはラジオでかかっている曲の真似をしたいわけじゃない。すごく懐かしい気がするのに、今まで聴いたことのあるものとは全く違うようなサウンドを作り出そうとして、色々なものをまぜたりいじったりしているだけなんだ」
 そんな彼らの音楽的ヴィジョンを具現化するために、力を貸したのが、インディー・バンド、フォクシジェンのメンバーであるJonathan Radoと、アラバマ・シェイクスやザ・キラーズ、ウォー・オン・ドラッグスなどとの仕事で知られるプロデューサー、Shawn Everett。彼らは“頭にあるどんな音でも、ここで作り出すことが出来る”と、ハウンドマウスのメンバーに伝え、実際、バケツに輪ゴムを巻いてベース・シンセのような音を作り出したりと、まさに実験的としか説明のしようがない方法で、彼らのサウンドに新たな側面をもたらしたのであった。
「自分たちのことをアメリカーナ・バンドだと思ったことはなかった。俺たち4人は、ただのロック・バンドだ。その内の何人かにサザン・アクセントがあるだけなんだ」そう自らのことを語るハウンドマウスのメンバーたち。彼らの最新作『GOLDEN AGE』に対して多くのリスナーが持つ第一印象は“変容”かもしれない――しかし、これは彼らにとって、このデジタル時代に自分たちのアイデンティティを見出そうとして到達した、一つのカタルシスなのだ。ノスタルジックなオーガニック・サウンドを突き詰めた向こうにある、“ノスタルジックな未来”のサウンド――それが、ハウンドマウスの“黄金時代”の夜明けとなる。




●COSMO'S MIDNIGHT / WHAT COMES NEXT (LP) 輸入LP 3,240円(税込) (NITE HIGH / 19075862251)

オーストラリア/シドニーをベースに活動する、双子の兄弟(Patrick Liney & Cosmo Liney)によるプロデューサー・チーム、COSMO'S MIDNIGHTがデビュー・アルバム『WHAT COMES NEXT』 をリリース!フューチャー・ベース×シティ・ポップ!

オーストラリア/シドニーをベースに活動する、双子の兄弟(Patrick Liney & Cosmo Liney)によるプロデューサー・チーム、Cosmo’s Midnight(コスモズ・ミッドナイト)。
新世代のプロデューサーとして、地元オーストラリアを中心に絶大な人気を誇る。これまでに、『Surge』(2013)『Moment』(2015)の2枚のEPを発売。『Moment』に収録された‘Walk With Me’は1400万回再生を記録するヒットとなる。2017年の行ったオーストラリアのツアーは完売。ニューヨークとLAで行ったライヴもソールド・アウトとなった。
待望のデビュー・アルバムとなる今作は、Tove Styrke, Buddy、Jay Prince 、Winston Surfshirt,Woodes, Panama, PAULi といった、 それぞれユニークなスタイルを持つ新進気鋭のアーティストをゲスト・ヴォーカルに迎え、フューチャー・ベース、エレクトロニカ、ハウス、ヒップホップ等をベースにしながら、心地良いメロディと洗練されたサウンドに溢れた、まさに‘ニュー・シティ・ポップ’といえる、彼ら独自のサウンド満載の快作。





●JASON MRAZ / KNOW. (LP) 輸入LP 3,132円(税込) (ATLANTIC / 7567865627)

ポジティヴなメッセージとソウルフルなフォーク・ポップ・サウンドで世界中のオーディエンスを魅了する、グラミー賞を複数受賞してきた才シンガー・ソングライター、ジェイソン・ムラーズが約4年ぶりとなる待望の新作アルバム『KNOW.』をリリース!

■ダウンロードコード付き

ポジティヴなメッセージとソウルフルなフォーク・ポップ・サウンドで世界中のオーディエンスを魅了する、グラミー賞を複数受賞してきたシンガーソングライター、ジェイソン・ムラーズが4年振りとなる待望のニュー・アルバム「ノウ。」をリリース。「Know( = 知るということ)」と題されたアルバムには、自分の心の声を聞いて、自分が知っていることに従い、人として成長し続けていくことの大切さを知ってほしいという想いが込められた、カラフルで陽気でハッピーなグルーヴに満ちた夏を感じさせる曲が詰まっている。
複数のグラミー賞受賞経験を持つシンガー・ソングライター、ジェイソン・ムラーズが待望の新作アルバム『ノウ。』を8月リリースする。またジェイソンは『ノウ。』のリリースをひっさげ、待望のノースアメリカ・ツアー『グッド・バイブス』を7月25日から、9月上旬までアメリカ各地を回ることを発表した。
アルバムに先駆けてリリースされたファースト・シングル「ハヴ・イット・オール」はアメリカだけで450万回ストリーミング数を突破し、世界的にもヒット中である。
「ハヴ・イット・オール」は、ジェイソンとDavid Hodges(クリスティーナ・ペリー、ケリー・クラークソン)とJKash(マルーン5、チャーリー・プース、メーガン・トレイナー)が、ジェイソンの友人のミュージシャンであるRaining Jane(モナ・タヴァコリ、チャスカ・ポッター、マイ・ブルームフィールド、ベッキー・ゲブハート)とコラボレーションして書き上げた曲。歌詞は2012年にジェイソンがミャンマーへ行った時、現地の僧侶に与えられたご加護の言葉を自身の中で消化し、訳したもの。
「2012年以来、世界は大きく変わった。前より多くの人達が、自由と平等のために、その姿を見てもらおう、声を聞いてもらおうとマーチをしてる。アクティヴィズムが、再び盛り上がっているんだ。僕はあの時から今までに、不満を募らせた曲、怒っている曲、それに悲しい曲も沢山作った。でも、どれも発表したい曲ではなかった。どれも歌いたい曲ではなかったんだ。「ハヴ・イット・オール」は、僕が癒され、前に進むのを助けてくれる希望に満ちたメッセージの曲として、突出していた。落胆とは正反対の寛容についてのメッセージの曲で、僧侶のメッセージを訳したことで、僕に授けられた曲。これはラップソングに変装した祈りの言葉で、人々に与えられて、共有されるために作られた曲だよ」(ジェイソン・ムラーズ)
彼のYouTubeチャンネルで公表された「ハヴ・イット・オール」のオフィシャル・ミュージック・ビデオは既に500万再生回数を突破、制作を手掛けたのは「アイム・ユアーズ」時代からの長年のコラボレーター、ダレン・ドォエン。ジェイソンの故郷であるバージニア州のリッチモンドで撮影されており、School of the Performing Arts in the Richmond Community(SPARC)の生徒や子役のケイティ・グローバー、そしてアメリカのテレビドラマ「ヒーローズ」に出演していたグレッグ・グルンバーグなどが出ている。
また続けて公開された、軽快な「Unlonely」も、”君を独りぼっちにしない”と語りかける、思わず一緒に口ずさみたくなるような、愛が溢れるハートウォーミングなナンバーである。
■ アルバムの発売に先駆け、アメリカでは『ノウ。』にまつわるドキュメンタリー、『JASON MRAZ - HAVE IT ALL THE MOIVE』の一夜限りの特別上映が行われる。また7月末からは全米ツアーも予定されているジェイソン。『ノウ。』に込められたポジティヴなメッセージをファンに届ける準備は万端!この夏、世界が優しくハッピーな歌で包まれる!





●V.A. / I WANNA BE SEDATED: FROM THE UNDERGROUND (2LP VINYL) 輸入LP 5,832円(税込) (WARNER BROS / 9362490579)

祝創立60周年!2018年、ワーナーブラザーズ・レコードは還暦を迎えます! 1958年の設立以来、数多くのアーティストと音楽をアメリカ、そして世界へと送り出してきたワーナーブラザーズ・レコード。60年に亘るレーベルの歴史を彩ってきたバンク、ニューウェーヴ、オルタナティヴ・ロックの名曲を集めた2枚組アナログ・コンピレーションが記念すべきアニヴァーサリー・イヤーに登場!

祝創立60周年!1958年の設立以来、数多くのアーティストと音楽をアメリカ、そして世界へと送り出してきたワーナーブラザーズ・レコード。ワーナーブラザース映画の子会社としてカリフォルニアはバーバンクに設立されたレーベルの第1弾リリースは、映画『誰がために鐘は鳴る』のサウンドトラックだったと言われている。
その後、リプリーズをその傘下に収め、フランク・シナトラからエリック・クラプトン、ニール・ヤングやレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マドンナにグリーン・デイ、リンキン・パーク、マイケル・ブーブレなど多くのアーティストの作品をリリースし、ロック&ポップス・シーンに大きな影響を与え続けている名門レーベルの歴史を彩ってきた名曲を集めた2枚組アナログ・コンピレーションが発売となる!
ワーナーブラザーズ・レコード創立60周年記念アナログの第2弾となる『I WANNA BE SEDATED: FROM THE UNDERGROUND』に収録されるのは、パンク、ニューウェーヴ、そしてオルタナティヴ・ロック・シーンで活躍したアーティスト達の20曲!シーンを牽引してきたラモーンズやリチャード・ヘル、The B-52'sやフレーミング・リップス、トーキング・ヘッズにプリテンターズやウイルコ、ニューオーダーやエコー&ザ・バニーメンの代表曲がフィーチャーされている。レーベルの歴史だけでなく、70年代以降のミュージック・シーンを知る上でも欠かせない楽曲がズラリ!!
Disc 1

A1. Ramones - I Wanna Be Sedated
A2. Dead Boys - Sonic Reducer
A3. The Rezillos - Somebody's Gonna Get Their Head Kicked In Tonight
A4. Richard Hell & The Voidoids - Blank Generation
A5. Flamin' Groovies - Shake Some Action
B1. Violent Femmes - Blister In The Sun
B2. Johnny Thunders - You Can't Put Your Arms Round a Memory
B3. The Replacements - Alex Chilton
B4. Jane's Addiction - Jane Says
B5. Ministry - Jesus Built My Hotrod

Disc 2

C1. New Order - Love Vigilantes
C2. Talking Heads - Life During Wartime
C3. Hüsker Dü - Don't Want To Know If You Are Lonely
C4. The Jesus And Mary Chain - April Skies
C5. Echo and the Bunnymen - The Killing Moon
D1. Pretenders - Talk Of The Town (2009 Remastered Version)
D2. The B-52's - Roam
D3. Elvis Costello - Veronica
D4. Wilco - I'm Always In Love
D5. The Flaming Lips - Do You Realize??





【再入荷】
●ONEOHTRIX POINT NEVER / WE'LL TAKE IT (12"/LTD) 【最新アルバム未収録の新曲3曲収録!国内100枚限定流通!】 輸入12" 1,890円(税込) (WARP / WAP424)

JAMES BLAKEやANOHNIの参加、内容は無論アートワークでもシーンに衝撃を与えた革新的音楽家、ONEOHTRIX POINT NEVERの最新にして圧倒的傑作『Age Of』から、歪なグリッチ・アンビエント「We’ll Take It」がシングル・カット!カップリングには「Monody」「Blow by Blow」「Trance 1」の新曲3曲を収録した本作は国内100枚限定流通で争奪戦必至!!

■世界同時発売、国内100枚限定流通数量限定盤、新曲3曲収録
※先着特典デヴィッド・ラドニックによる特典タロットカードは終了しました。

『Replica』(2011)、『R Plus Seven』(2013)、『Garden of Delete』(2015)と立て続けにその年を代表する作品を世に送り出してきただけでなく、FKAツイッグスとのコラボレーション、アノーニやデヴィッド・バーンのプロデュースに加え、昨年公開の話題映画『グッド・タイム』の劇半でカンヌ映画祭最優秀サウンドトラック賞を受賞するなど、多岐に亘るフィールドで成功を収めているOPNことダニエル・ロパティン。そんな輝かしいキャリアの中でも「ポストモダン・バロック」とでも呼ばれるべき未曽有のポップ・ミュージックが収められた『Age Of』は、一つの到達点ともいえる圧倒的な傑作となった。 アートワークには、アメリカ現代美術シーンで最も影響力があるヴィジョナリー・アーティストと称されるジム・ショーの作品をフィーチャーしている。




【再入荷】
●KAMASI WASHINGTON / HEAVEN AND EARTH(4LP) 【新世代ジャズ黄金期の象徴カマシ・ワシントン最新アルバム堂々ここに完成】 輸入LP 7,884円(税込) (YOUNG TURKS、BEAT RECORDS / YT176LP)

※4LP
新世代ジャズ黄金期の象徴
カマシ・ワシントン最新アルバム堂々ここに完成
私の心が宿る世界は、私の心の中にあるーーこの考えがアルバム『Heavenand Earth』を作るインスピレーションとなった。私たちが経験する現実は、我々の意識が作り上げたものに過ぎないが、そもそも我々の意識は、その経験をもとに現実を作り上げる。私たちは自らの宇宙の創造者であると同時に、自らの宇宙の創造物でもある。本作における『Earth』のパートは、私が "外向き” に見る世界を表現している。つまり私が存在している世界である。『Heaven』のパートは、私が “内向き” に見る世界、つまり私の中に存在している世界を表している。私が何者であるか、そしてどんな選択をしていくのか。その答えは、それら2つの世界の間にある。- カマシ・ワシントン

新世代ジャズ黄金期の象徴として、特別な存在感を放ち続けるカマシ・ワシントンが、2015年のデビュー作『The Epic』に続く、待望のセカンドアルバム『Heaven & Earth』をリリース。2時間半にも及ぶ本アルバムは『Earth』盤と『Heaven』盤の2枚組(アナログは4枚組)で構成されており、カマシは現実世界と宇宙とを衝突させ、その心理に迫る。
世界の構造についての自身の考えをさらに探求した本作では、現状の世界的混沌に対する彼の考察と、彼が抱く未来へのヴィジョンが探求されている。





    • 駐車場サービス 詳細はこちら
    • メルマガ配信中!! 登録はこちら
-----------------------------------------
◆ディスクユニオン新宿 6Fインディ・オルタナティヴロック館
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

【TEL】 03-3352-2715

【買取専用フリーダイヤル】 0120-269-656
【MAIL】 ds1_6f@diskunion.co.jp 

買取担当:澤田 / 小倉 / 薄田





▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3
9 10
16 17
23 24 26 27 29
30
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(10/02)
(10/01)
(09/28)
(09/25)
(09/25)
(09/22)
(09/22)
(09/22)
(09/22)
(09/21)
(09/21)
(09/21)
(09/20)
(09/20)
(09/20)
(09/20)
(09/19)
(09/19)
(09/19)