CDレコード買取 ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 9/15(土)インディ・オルタナ新譜入荷情報 PAUL WELLER最新アルバム入荷!
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 



●PAUL WELLER / TRUE MEANINGS (2LP/180G) 輸入LP 5,184円(税込) (PARLOPHONE / 9029563594 / 0190295635947)

UKロック・シーンの重鎮であり数々のアーティストに多大なる影響を与え続ける真のモッドファーザー、ポール・ウェラーが、前作より約1年という短いタームで完成させた最新アルバム『TRUE MEANINGS』が登場! 彼の特徴的なサウンドの一つの要素でもあるメランコリックさを前面に打ち出し、御年60歳を迎えたモッドファーザーの繊細な一面を堪能させてくれる、雄大かつ繊細なサウンドに包まれた至高のアルバムがここに! 

■2枚組180グラム重量盤アナログ

「この10年ほど、とてもいい状況で居続けられたんだ。人生そのものもそうだし、こうやって音楽を作り続けてるってこともそう。その全てに感謝しているよ。俺はいままでずっと歳を取るってことが不安だったんだ、クリエイティヴィティや構想力を失っていってしまうんじゃないかってね。でも、実際歳を取ってみて、そんな風にはならなかった。不安に思っていた状態とは全く反対の状態のままでいられているのさ」 ─ ポール・ウェラー UKロック・シーンの重鎮であり数々のアーティストに多大なる影響を与え続ける真のモッドファーザー、ポール・ウェラー。約40年にも及ぶキャリアを持ちながらも、変わらず精力的な活動を続ける彼が、最高傑作との呼び声も高い前作『A KIND REVOLUTION』から約1年という非常に短いタームで、早くも最新作『TRUE MEANINGS』を完成させた! これはソロ名義としては14作目、全キャリアを通した作品としては26作目となるスタジオ・アルバムだ。 

前作では最高級のロック・サウンドで全世界のファンを魅了した彼だが、御年60歳を迎えて発表するこの最新作では、雄大かつ繊細なサウンドが前面に打ち出されている。ポールの美しく響く歌声が持つ魅力と、誠実な言葉で綴られた歌詞が持つ「素の」自分をさらけ出すかっこよさ...、まるで夢のように、優しく響く牧歌的な世界観に満ちた、彼の魅力のもう一つの側面をじっくりと聴かせてくれる、そんなアルバムを完成させたのだ。 

このアルバムのタイトルは、60歳の誕生日となる5月25日に公開した楽曲「Aspects」からとられたものだ。5年ほど前にすでに書き上げていたというメランコリックな「Gravity」という曲から、今作のアイデアが生まれているという。ポール曰く、「この曲はとても特別な曲だったけど、『SATURNS PATTERN』や『A KIND REVOLUTION』といったアルバムにはぴったりとハマるスペースがなかった。だから、しばらくこの曲を取っておくことにしたのさ」とのこと。アルバムには収録しなかったのだが、ライヴではこの曲を披露していた。その曲に対する反応が非常にポジティヴだったため、この楽曲の持つ方向性に沿った曲を書き始めていったのだという。 
ポールが所有するBlack Barn Studioでレコーディングされた今作のプロデュースは、ポール本人が担当。例外として、「The Soul Searchers」はコナー・オブライエンとの共同プロデュース、「Movin On」はホワイト・レーベルとの共同プロデュースという形がとられ、エンジニアにはチャールズ・リースを、ミックスには盟友ジャン・スタン・カイバートを迎えて制作されている。 
現在のポールの充実ぶりを支える彼のバンドのメンバーに加え、今作には数々のゲスト・アーティストも参加している。「The Soul Searchers」で印象的なハモンド・オルガンを、そして「White Horses」でピアノとメロトロンを披露しているのは、ゾンビーズのロッド・アージェントだ。他にも、フォーク・レジェンド、マーティン・カーシーとダニー・トンプソンが「Come Along」に、「Old Castle」ではリトル・バーリーがリード・ギターを披露、「Books」にはルーシー・ローズがバックアップ・ヴォーカルを担当している。さらに、ノエル・ギャラガーもちょっとだけ参加しているという。 

キャリアを通しても非常に充実した時期を迎えているポール・ウェラー。今までもアルバムの中でメランコリックな楽曲を聴かせてくれている彼が、その側面を全面に打ち出したこの最新作は、ポール・ファンはもちろんのこと、全音楽ファンを魅了する美しさを備えたアルバムだ。60歳を超えてなお自身のクリエイティヴィティを研ぎ澄ませるポール・ウェラー、まさに全ての人にとって「手本」となる存在だ。 「もう60歳となって、この辺りでちょっと思慮深い方向性を打ち出してみたのさ。もちろん、このスタイルをこれからずっとやってくわけじゃないけどね」
─ ポール・ウェラー








●PAUL WELLER / TRUE MEANINGS (DELUXE EDITION) 輸入CD 2,160円(税込) (PARLOPHONE / 9029561516 / 0190295615161)

UKロック・シーンの重鎮であり数々のアーティストに多大なる影響を与え続ける真のモッドファーザー、ポール・ウェラーが、前作より約1年という短いタームで完成させた最新アルバム『TRUE MEANINGS』が登場! 彼の特徴的なサウンドの一つの要素でもあるメランコリックさを前面に打ち出し、御年60歳を迎えたモッドファーザーの繊細な一面を堪能させてくれる、雄大かつ繊細なサウンドに包まれた至高のアルバムがここに! 

■豪華パッケージ仕様デラックス・エディション(ボーナス・トラック5曲収録、ブック・パッケージ:28ページ・ブックレット)

「この10年ほど、とてもいい状況で居続けられたんだ。人生そのものもそうだし、こうやって音楽を作り続けてるってこともそう。その全てに感謝しているよ。俺はいままでずっと歳を取るってことが不安だったんだ、クリエイティヴィティや構想力を失っていってしまうんじゃないかってね。でも、実際歳を取ってみて、そんな風にはならなかった。不安に思っていた状態とは全く反対の状態のままでいられているのさ」 ─ ポール・ウェラー UKロック・シーンの重鎮であり数々のアーティストに多大なる影響を与え続ける真のモッドファーザー、ポール・ウェラー。約40年にも及ぶキャリアを持ちながらも、変わらず精力的な活動を続ける彼が、最高傑作との呼び声も高い前作『A KIND REVOLUTION』から約1年という非常に短いタームで、早くも最新作『TRUE MEANINGS』を完成させた! これはソロ名義としては14作目、全キャリアを通した作品としては26作目となるスタジオ・アルバムだ。 

前作では最高級のロック・サウンドで全世界のファンを魅了した彼だが、御年60歳を迎えて発表するこの最新作では、雄大かつ繊細なサウンドが前面に打ち出されている。ポールの美しく響く歌声が持つ魅力と、誠実な言葉で綴られた歌詞が持つ「素の」自分をさらけ出すかっこよさ...、まるで夢のように、優しく響く牧歌的な世界観に満ちた、彼の魅力のもう一つの側面をじっくりと聴かせてくれる、そんなアルバムを完成させたのだ。 

このアルバムのタイトルは、60歳の誕生日となる5月25日に公開した楽曲「Aspects」からとられたものだ。5年ほど前にすでに書き上げていたというメランコリックな「Gravity」という曲から、今作のアイデアが生まれているという。ポール曰く、「この曲はとても特別な曲だったけど、『SATURNS PATTERN』や『A KIND REVOLUTION』といったアルバムにはぴったりとハマるスペースがなかった。だから、しばらくこの曲を取っておくことにしたのさ」とのこと。アルバムには収録しなかったのだが、ライヴではこの曲を披露していた。その曲に対する反応が非常にポジティヴだったため、この楽曲の持つ方向性に沿った曲を書き始めていったのだという。 
ポールが所有するBlack Barn Studioでレコーディングされた今作のプロデュースは、ポール本人が担当。例外として、「The Soul Searchers」はコナー・オブライエンとの共同プロデュース、「Movin On」はホワイト・レーベルとの共同プロデュースという形がとられ、エンジニアにはチャールズ・リースを、ミックスには盟友ジャン・スタン・カイバートを迎えて制作されている。 
現在のポールの充実ぶりを支える彼のバンドのメンバーに加え、今作には数々のゲスト・アーティストも参加している。「The Soul Searchers」で印象的なハモンド・オルガンを、そして「White Horses」でピアノとメロトロンを披露しているのは、ゾンビーズのロッド・アージェントだ。他にも、フォーク・レジェンド、マーティン・カーシーとダニー・トンプソンが「Come Along」に、「Old Castle」ではリトル・バーリーがリード・ギターを披露、「Books」にはルーシー・ローズがバックアップ・ヴォーカルを担当している。さらに、ノエル・ギャラガーもちょっとだけ参加しているという。 

キャリアを通しても非常に充実した時期を迎えているポール・ウェラー。今までもアルバムの中でメランコリックな楽曲を聴かせてくれている彼が、その側面を全面に打ち出したこの最新作は、ポール・ファンはもちろんのこと、全音楽ファンを魅了する美しさを備えたアルバムだ。60歳を超えてなお自身のクリエイティヴィティを研ぎ澄ませるポール・ウェラー、まさに全ての人にとって「手本」となる存在だ。 「もう60歳となって、この辺りでちょっと思慮深い方向性を打ち出してみたのさ。もちろん、このスタイルをこれからずっとやってくわけじゃないけどね」
─ ポール・ウェラー





●MORRISSEY / THIS IS MORRISSEY (LP) 輸入LP 2,484円(税込) (PARLOPHONE / 9029562616 / 0190295626167)

抗う魂たちよ――心して聴け!モリッシーが選びし自選集を。 
独りで世界と闘い続ける現代英国のアイコン、そして孤高のカリスマが自らキュレートした『THIS IS MORRISSEY』発売。 

アナログは「Angel, Angel, Down We Go Together」を追加した全13曲収録! 

■ 現代英国のアイコンで最も影響力のある一人、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、その美学と言動、詞と音楽で、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。 

■ ミュージック・シーンで誰もが到達できない独自のポジションを築いた、まさに孤高のカリスマである彼だが、突如自身がキュレートするコンピレーションのリリースが発表された!『THIS IS MORRISSEY』と名付けられた本作には、アーティスト自身が選んだ、モリッシーの名曲、ライヴ曲、さらに不滅の大人気曲「Suedehead」のMael Mixの他、アナログ・レコードのみ「Angel, Angel, Down We Go Together」を追加した全13曲が収録されている。(CDは12曲収録)またブックレットには、作家、Fiona Dodwellによるアルバム・ノーツが、アナログ・レコードにはフランス語版で掲載される予定だ。 

■ 「素晴らしい曲が多すぎて、選ぶのは難しかったよ。アルバムは生命に満ちていて、意味ある問いかけ、最高のコーラスが溢れ、結構遊び心もある。これらのカタログは過小評価されていると思うが、誰だって自分の曲に対しては、そう感じているのかも知れない」今作の選曲について問われたモリッシーはそう答えている。収録されている楽曲は、1988年の初ソロ作『VIVA HATE』から、1994年の『VAUXHALL AND I』までパーロフォン時代のアルバムからのシングルが中心となっている。 

■ 現代世界を見詰め、一人で闘いを挑み続けている英国音楽シーン、孤高のカリスマ、モリッシー。彼が自ら選びし12曲の自選集――これは心して聴くしかない。<メーカーインフォより> 




●MORRISSEY / THIS IS MORRISSEY 輸入CD 918円(税込) (PARLOPHONE / 9029562613 / 0190295626136)
抗う魂たちよ――心して聴け!モリッシーが選びし自選集を。 
独りで世界と闘い続ける現代英国のアイコン、そして孤高のカリスマが自らキュレートした『THIS IS MORRISSEY』発売。 
■ 現代英国のアイコンで最も影響力のある一人、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、その美学と言動、詞と音楽で、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。 
■ ミュージック・シーンで誰もが到達できない独自のポジションを築いた、まさに孤高のカリスマである彼だが、突如自身がキュレートするコンピレーションのリリースが発表された!『THIS IS MORRISSEY』と名付けられた本作には、アーティスト自身が選んだ、モリッシーの名曲、ライヴ曲、さらに不滅の大人気曲「Suedehead」のMael Mixなど12曲が収録されている。(アナログは13曲収録)またブックレットには、作家、Fiona Dodwellによるアルバム・ノーツが掲載されている。 
■ 「素晴らしい曲が多すぎて、選ぶのは難しかったよ。アルバムは生命に満ちていて、意味ある問いかけ、最高のコーラスが溢れ、結構遊び心もある。これらのカタログは過小評価されていると思うが、誰だって自分の曲に対しては、そう感じているのかも知れない」今作の選曲について問われたモリッシーはそう答えている。収録されている楽曲は、1988年の初ソロ作『VIVA HATE』から、1994年の『VAUXHALL AND I』までパーロフォン時代のアルバムからのシングルが中心となっている。 
■ 現代世界を見詰め、一人で闘いを挑み続けている英国音楽シーン、孤高のカリスマ、モリッシー。彼が自ら選びし12曲の自選集――これは心して聴くしかない。<メーカーインフォより> 








●LENNY KRAVITZ / RAISE VIBRATION (2LP/LIMITED EDITION PICTURE DISC) 輸入LP 3,996円(税込) (BMG / 5053839759 / 4050538397598)

世界がレニーを待っていた! 音楽の歴史を自ら築いてゆく稀有な存在としてシーンを牽引する、グラミー賞4冠アーティスト:レニー・クラヴィッツ。孤独の中苦悩していたという自身最大のスランプを乗り越え、約4年ぶりとなる堂々たる11枚目のフル・アルバム『RAISE VIBRATION』を完成させた。30年に渡るキャリアで積み重ねてきた知識、そして現代を生きるミュージシャンとしての新しいインスピレーションを融合し制作された、文字通りの最高傑作アルバムが限定2枚組ピクチャー・ディスク・アナログ盤でも登場!

 ■ピクチャー・ディスク・アナログ盤

「『LET LOVE RULE』でデビューした時、俺はそのタイトル通りに生きる決意をしたんだ。今回の『RAISE VIBRATION』も同じことさ。自分で信じるからこそ、更なる結果が生まれると思う。今の世界の価値観じゃダメなんだよ。お互いへの更なる思いやりを、愛を、率直さを。国境や形や文化の違いなんて考えなくて良い。俺たちは今一緒に地球に住んでいるんだよ。今のままじゃダメだ。俺は音楽で変化の重要さを伝えていきたい。音楽を作り続けるのは、いつまでも自分自身をインスパイアしたいからなんだ。他の人もインスパイアされてくれれば、尚更いいじゃないか」 ─ レニー・クラヴィッツ グラミー賞4冠を誇るシンガー・ソングライター、プロデューサー、そしてマルチ・プレイヤーのレニー・クラヴィッツ。1989年のデビュー・アルバム『LET LOVE RULE』のリリースにて、ロック、ファンク、ブルース、R&B、ソールなど多様な音楽スタイルを操る存在としてのポジションを獲得してきた彼が、約4年ぶりとなる11枚目のフル・アルバム『RAISE VIBRATION』を完成させた! 

レニー・クラヴィッツと長年の付き合いとなるギタリスト、グレイグ・ロス(彼は本作のエンジニアとしてもクレジットされている)と共に、『RAISE VIBRATION』でクラヴィッツはギター、ベース、ドラム、ピアノ、ボンゴ、グロッケンシュピール、モーグ、ローズ・ピアノ、シタール、カリンバなど、殆どの楽器を自分で演奏している。 

「待っていたら突然舞い降りてきたんだ。静かに、じっと待っていた。そして最初のアイデアが浮かびあがったら、全てが明白になったんだ。俺が待ち望んでいたものがこれだってね。その状態に達すれば水門が開いて、音楽が洪水のように押し寄せてくるんだ。それが数か月続いたかな。夜中に突然インスピレーションが湧いてくるのさ。そうして続くうちに、アルバムの土台が出来上がってきたんだ」 

最新作『RAISE VIBRATION』でも、彼の強烈なオリジナリティは健在だ。レニー・クラヴィッツは1989年のデビュー以降、合計4000万枚以上の売り上げを記録、世界で最も優れたロック・シンガーに贈られるグラミー賞の「ベスト・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス」を4年連続受賞するという快挙を成し遂げている。ジャンルの垣根を超え、様々なアーティストに親しまれているクラヴィッツは、これまでマドンナ、エアロスミス、プリンス、デヴィッド・ボウイ、ミック・ジャガー、ジェイ・Z、ドレイク、そしてアリシア・キーズなどとコラボレーションを果たしてきた。マルチな才能は音楽だけにとどまらず、俳優としての才能も発揮、世界的な大ヒットとなったフランチャイズ映画「ハンガー・ゲーム」での出演を始め、助演男優賞を受賞した「プレシャス」、そしてリー・ダニエルズ監督の「バットラー」などで才能を開花し高い称賛を浴びている。 

音楽の歴史を自ら築いてゆく、クラヴィッツのようなアーティストは類い希な存在だ。30年に渡るキャリアで積み重ねてきた知識、そして現代を生きるミュージシャンとしての新しいインスピレーションの融合で制作された最新作『RAISE VIBRATION』、それは新たな再スタートを切るキッカケであると共にクラヴィッツのレガシーとして後世に残されることとなるだろう。 「『LET LOVE RULE』から『RAISE VIBRATION』まで、全てのアルバムで伝えたいことはいつでも一緒なんだ。聞いている人がモチベーションとインスピレーションを持ってくれれば最高だよ」 ─ レニー・クラヴィッツ





●LENNY KRAVITZ / RAISE VIBRATION 輸入CD 1,944円(税込) (BMG / 5053839734 / 4050538397345)

世界がレニーを待っていた! 音楽の歴史を自ら築いてゆく稀有な存在としてシーンを牽引する、グラミー賞4冠アーティスト:レニー・クラヴィッツ。孤独の中苦悩していたという自身最大のスランプを乗り越え、約4年ぶりとなる堂々たる11枚目のフル・アルバム『RAISE VIBRATION』を完成させた。30年に渡るキャリアで積み重ねてきた知識、そして現代を生きるミュージシャンとしての新しいインスピレーションを融合し制作された、文字通りの最高傑作アルバムの登場だ! 

■紙ジャケット仕様

「『LET LOVE RULE』でデビューした時、俺はそのタイトル通りに生きる決意をしたんだ。今回の『RAISE VIBRATION』も同じことさ。自分で信じるからこそ、更なる結果が生まれると思う。今の世界の価値観じゃダメなんだよ。お互いへの更なる思いやりを、愛を、率直さを。国境や形や文化の違いなんて考えなくて良い。俺たちは今一緒に地球に住んでいるんだよ。今のままじゃダメだ。俺は音楽で変化の重要さを伝えていきたい。音楽を作り続けるのは、いつまでも自分自身をインスパイアしたいからなんだ。他の人もインスパイアされてくれれば、尚更いいじゃないか」 ─ レニー・クラヴィッツ グラミー賞4冠を誇るシンガー・ソングライター、プロデューサー、そしてマルチ・プレイヤーのレニー・クラヴィッツ。1989年のデビュー・アルバム『LET LOVE RULE』のリリースにて、ロック、ファンク、ブルース、R&B、ソールなど多様な音楽スタイルを操る存在としてのポジションを獲得してきた彼が、約4年ぶりとなる11枚目のフル・アルバム『RAISE VIBRATION』を完成させた! 

レニー・クラヴィッツと長年の付き合いとなるギタリスト、グレイグ・ロス(彼は本作のエンジニアとしてもクレジットされている)と共に、『RAISE VIBRATION』でクラヴィッツはギター、ベース、ドラム、ピアノ、ボンゴ、グロッケンシュピール、モーグ、ローズ・ピアノ、シタール、カリンバなど、殆どの楽器を自分で演奏している。
 
「待っていたら突然舞い降りてきたんだ。静かに、じっと待っていた。そして最初のアイデアが浮かびあがったら、全てが明白になったんだ。俺が待ち望んでいたものがこれだってね。その状態に達すれば水門が開いて、音楽が洪水のように押し寄せてくるんだ。それが数か月続いたかな。夜中に突然インスピレーションが湧いてくるのさ。そうして続くうちに、アルバムの土台が出来上がってきたんだ」 

最新作『RAISE VIBRATION』でも、彼の強烈なオリジナリティは健在だ。レニー・クラヴィッツは1989年のデビュー以降、合計4000万枚以上の売り上げを記録、世界で最も優れたロック・シンガーに贈られるグラミー賞の「ベスト・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス」を4年連続受賞するという快挙を成し遂げている。ジャンルの垣根を超え、様々なアーティストに親しまれているクラヴィッツは、これまでマドンナ、エアロスミス、プリンス、デヴィッド・ボウイ、ミック・ジャガー、ジェイ・Z、ドレイク、そしてアリシア・キーズなどとコラボレーションを果たしてきた。マルチな才能は音楽だけにとどまらず、俳優としての才能も発揮、世界的な大ヒットとなったフランチャイズ映画「ハンガー・ゲーム」での出演を始め、助演男優賞を受賞した「プレシャス」、そしてリー・ダニエルズ監督の「バットラー」などで才能を開花し高い称賛を浴びている。 

音楽の歴史を自ら築いてゆく、クラヴィッツのようなアーティストは類い希な存在だ。30年に渡るキャリアで積み重ねてきた知識、そして現代を生きるミュージシャンとしての新しいインスピレーションの融合で制作された最新作『RAISE VIBRATION』、それは新たな再スタートを切るキッカケであると共にクラヴィッツのレガシーとして後世に残されることとなるだろう。 「『LET LOVE RULE』から『RAISE VIBRATION』まで、全てのアルバムで伝えたいことはいつでも一緒なんだ。聞いている人がモチベーションとインスピレーションを持ってくれれば最高だよ」 ─ レニー・クラヴィッツ




●MAGPIE SALUTE / HIGH WATER I (2LP/180G/BLUE VINYL/LTD) 輸入LP 4,860円(税込) (EAGLE ROCK ENTERTAINMENT / ER204171 / 0826992041711)

伝説のロック・バンドBLACK CROWSのロビンソン兄弟の弟、リッチ・ロビンソンのニュー・バンド=THE MAGPIE SALUTEが正式なデビュー・アルバム『HIGH WATER 1』をリリース。BLACK CROWSの元メンバー、ギタリストのマーク・フォード、ベーシストのスヴェン・パイピーンらが参加!

■初回生産限定ブルー&ホワイト・スプラッター・カラー・ヴァイナル

新バンド結成と彼らの初ライブ決定のアナウンスが出るやいなや全世界のブラック・クロウズのファンが歓喜、N.Y.で開催された初ライブはチケットが即完し、追加で3公演を増やすも全ての公演が数分で完売するなど既に高い注目度を集めている。これまでカバー曲などを発表してきた彼らが満を持してオリジナル音源のみを収録した正式なデビュー・アルバムを発売。アルバムのサウンドについてリッチは「ピュアなロックン・ロールだよ。自由であり、愛があり、喪失、喜び、苦悩もある。傲慢さもありながら脆さもある。それが人生というものであり、それらすべてを昇華したサウンドを鳴らしたかったんだ」と語っている。これまで数多くの歴史的瞬間を生み出してきた彼らが新バンドとしてどのような物語を見せてくれるのか。すでにデビュー作への期待が高まっている。








●FLAMING LIPS / IN A PRIEST DRIVEN AMBULANCE (LP/REMASTERED) 輸入LP 2,376円(税込) (WARNER BROS / 349786026 / 0603497860265)

シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡が遂にアナログでも――。 
多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。彼らがワーナーブラザーズへ移籍前にリリースしていた貴重なレストレス・レーベル時代のアルバムがアナログで復活!レストレスからの最後のアルバムとなる通算4作目、それが本作『IN A PRIEST DRIVEN AMBULANCE』だ! 

■ デビュー以来20年以上にも亘り、一貫して多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。オルタネイティブから、サイケデリック、スペース・ポップ、はたまた実験的かつ前衛的なアプローチで、彼らは世界中のリップス中毒者から熱い支持を受け続けている。 

■ その素晴らしきザ・フレーミングリップスの原点と軌跡を辿る、一大リイシュー・プロジェクトが今年から始動! 1986年のデビュー・アルバム発売前に発表していた貴重な初期音源をコンパイルした『SCRATCHING THE DOOR: THE FIRST RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS』をリリースしたのに続き、彼らがワーナーブラザーズ以前にカリフォルニアのレーベル、レストレス・レコーズ(Restless Records)からリリースしたスタジオ音源を集めた6枚組CDボックス『SEEING THE UNSEEABLE: THE COMPLETE STUDIO RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS 1986-1990』が6月にリリースされたが、その時代のアルバムがこの度、アナログLPでもリリース! 

■ 多幸感に満ちたリップス・ワールドが大きく花開く寸前の貴重な音源。シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡が遂にアナログでも辿れることになる! 
【IN A PRIEST DRIVEN AMBULANCE 】 

■ レストレス・レコーズからの最後のアルバムとなる、通算4作目。プロデュースはバンドとデイヴ・フリードマン。今作から後にマーキュリー・レヴに参加するジョナサン・ドナヒューとドラマーのネイザン・ロバーツが参加。当時ウェインが抱いていたという宗教への興味が反映された作品と言われる。ちなみにアルバムを締めくくるのは「What A Wonderful World」のサイケデリック・ポップ・カヴァー。(1990年作品) 
<メーカーインフォより> 



●FLAMING LIPS / DEATH TRIPPIN' AT SUNRISE: RARITIES, B-SIDES & FLEXI-DISCS 1986-1990 (2LP/REMASTERED) 輸入LP 3,348円(税込) (WARNER BROS / 349786022 / 0603497860227)

シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡が遂にアナログでも――。 
多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。彼らがワーナーブラザーズへ移籍前にリリースしていた貴重なレストレス・レーベル時代のレア音源集がアナログで登場! 

■ デビュー以来20年以上にも亘り、一貫して多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。オルタネイティブから、サイケデリック、スペース・ポップ、はたまた実験的かつ前衛的なアプローチで、彼らは世界中のリップス中毒者から熱い支持を受け続けている。 

■ その素晴らしきザ・フレーミングリップスの原点と軌跡を辿る、一大リイシュー・プロジェクトが今年から始動! 1986年のデビュー・アルバム発売前に発表していた貴重な初期音源をコンパイルした『SCRATCHING THE DOOR: THE FIRST RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS』をリリースしたのに続き、彼らがワーナーブラザーズ以前にカリフォルニアのレーベル、レストレス・レコーズ(Restless Records)からリリースしたスタジオ音源を集めた6枚組CDボックス『SEEING THE UNSEEABLE: THE COMPLETE STUDIO RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS 1986-1990』が6月にリリースされたが、その時代のアルバムがこの度、アナログLPでもリリース! しかもリマスター音源で! 

■ 多幸感に満ちたリップス・ワールドが大きく花開く寸前の貴重な音源。シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡が遂にアナログでも辿れることになる! 
【DEATH TRIPPIN' AT SUNRISE: RARITIES, B-SIDES & FLEXI-DISCS 1986-1990】 

■ ザ・フレーミング・リップス、Restless Records時代のレア音源集!シングルのみに収録された楽曲や、ソノ・シート収録曲、コンピレーションに提供した曲などをかき集めた貴重なコレクション!その中には、SUP POPからリリースしたシングル「Drug Machine To Heaven」(B面は「Strychine/Peace, Love And Understanding」)やニール・ヤング・トリビュートへ提供した「After The Goldrush」のカヴァーなども!!リマスター音源となる収録曲の多くが初アナログ化となることも注目だ。 
<メーカーインフォより> 





 



    • 駐車場サービス 詳細はこちら
    • メルマガ配信中!! 登録はこちら
-----------------------------------------
◆ディスクユニオン新宿 6Fインディ・オルタナティヴロック館
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

【TEL】 03-3352-2715

【買取専用フリーダイヤル】 0120-269-656
【MAIL】 ds1_6f@diskunion.co.jp 

買取担当:澤田 / 小倉 / 薄田






▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
4
11
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(12/31)
(11/17)
(11/17)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/15)
(11/15)
(11/14)
(11/14)
(11/13)
(11/13)
(11/12)
(11/10)
(11/10)
(11/10)
(11/09)