CDレコード買取 ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 11/8(木)インディ・オルタナティヴロック新譜入荷情報 MOCKY 新作アルバム入荷!
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 



●MOCKY / A DAY AT UNITED (LP) 輸入LP 2,700円(税込) (HEAVY SHEET / HS007 / 0880918232119)

 Kelela / Take Me Apart、Vulfpeck / Mr. Finish Line、Joey Dosik / Inside Voice、Benny Sings / City Melody といったMOCKY絡みの話題作のリリースが続く中、真打の新作がいよいよ登場!カナダ出身の天才SSW、MOCKYがオリジナル・アルバムとしては2015年リリースの『KEY CHANGE』に続く6枚目のアルバム『A DAY AT UNITED』をリリース!

「メロディを書き留めた紙片だけをもって、コルトレーン、ビル・エヴァンスらと共にスタジオに入りその場でアルバムを作ったという、マイルスのアルバム"Kind Of Blue" 制作時の逸話が好きなんだ。」

かつてフランク・シナトラやレイ・チャールズが録音したハリウッドにある伝説的なインディペンデント・スタジオでアルバム・タイトルが示すとおり、僅か一日で録音された一枚のアルバム。「これまでのアルバムとはまったく異なるものを作れたらと思っていたんだ。すべての楽器を自分で弾くのではなくて、ただドラムを叩くこと。集まってくれたミュージシャンたちのアイディアを通したものにすること。」「マルチトラックで録音して、エディットするとより考え抜かれ、精製されたコンセプチュアルなものになる。

ある日起き上がって、その一日が終わる頃には一枚のアルバムができあがっていた。そんなのばかげたアイディアのようだけどね。」LA移住後に自らホストとなり、不定期ながら続けているライヴ・イヴェント「ACE JAM hosted by MOCKY」。会場はLAのダウンタウンにあるACE HOTELの最上階。元々は劇場を兼ね備えた映画の撮影スタジオとして1927年に建造された建物をリノベーションし2014年にホテルとして再オープンした場所。このアルバムの参加ミュージシャンたちの多くはACE JAMという場を通じ、共に音を出す仲間となった人たちばかり。LAにいるミュージシャンたちに電話をかけ参加できるミュージシャンが決まってから彼らの個性を念頭に置き、曲のスケッチを始めたのだと言う。

近年のMOCKY作品には欠かせない、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ジョーイ・ドォシク(ここでは鍵盤ではなく管楽器担当!)、ニア・アンドリューズ に加え、鍵盤奏者、デロン・ジョンソン(マイルス・デイヴィスの "Doo Bop")、管楽器奏者、ランダル・フィッシャー(Kadhja Bonet、デクスター・ストーリー ほか)ベイシスト、ブランドン・ユージン・オーウェンズ(ケンドリック・ラマー、ロバート・グラスパー、ギャビー・ヘルナンデス、テラス・マーティン、ミア・ドイ・トッドほか)日本では数々の作品を通じてお馴染みであろう、マーク・ド・クライブ・ロウ などLAをべースに立派なキャリアを築いているミュージシャンたちが初参加していることも大きな特徴。どこか2009年の4th アルバム「SASKAMODIE」を思い起こさせるこの新作。パリで録音されたあのアルバムに流れる時間が夜だとすればこの新作はLAの午後の陽光に微睡む時間のような。今もFRESHな1971年のスティーヴ・キューン、1973年のクインシー・ジョーンズ、1976年のRoy Ayers Ubiquity、70年代中頃のMizell Brthersの傑作群を聴く時間のような音の快楽に溺れること請け合い。やけに艶やか。 




●モッキー / ア・デイ・アット・ユナイテッド 国内CD 2,400円(税込) (WIND BELL / WINDBELLFOUR1 / 4582237842821)

 Kelela / Take Me Apart、Vulfpeck / Mr. Finish Line、Joey Dosik / Inside Voice、Benny Sings / City Melody といったMOCKY絡みの話題作のリリースが続く中、真打の新作がいよいよ登場!カナダ出身の天才SSW、MOCKYがオリジナル・アルバムとしては2015年リリースの『KEY CHANGE』に続く6枚目のアルバム『A DAY AT UNITED』をリリース!

■紙ジャケット、ボーナストラック未発表音源2曲収録、ライナーノーツ:高井康生(Ahh! Folly Jet)

「メロディを書き留めた紙片だけをもって、コルトレーン、ビル・エヴァンスらと共にスタジオに入りその場でアルバムを作ったという、マイルスのアルバム"Kind Of Blue" 制作時の逸話が好きなんだ。」かつてフランク・シナトラやレイ・チャールズが録音したハリウッドにある伝説的なインディペンデント・スタジオでアルバム・タイトルが示すとおり、僅か一日で録音された一枚のアルバム。

「これまでのアルバムとはまったく異なるものを作れたらと思っていたんだ。すべての楽器を自分で弾くのではなくて、ただドラムを叩くこと。集まってくれたミュージシャンたちのアイディアを通したものにすること。」「マルチトラックで録音して、エディットするとより考え抜かれ、精製されたコンセプチュアルなものになる。

ある日起き上がって、その一日が終わる頃には一枚のアルバムができあがっていた。そんなのばかげたアイディアのようだけどね。」LA移住後に自らホストとなり、不定期ながら続けているライヴ・イヴェント「ACE JAM hosted by MOCKY」。会場はLAのダウンタウンにあるACE HOTELの最上階。元々は劇場を兼ね備えた映画の撮影スタジオとして1927年に建造された建物をリノベーションし2014年にホテルとして再オープンした場所。このアルバムの参加ミュージシャンたちの多くはACE JAMという場を通じ、共に音を出す仲間となった人たちばかり。LAにいるミュージシャンたちに電話をかけ参加できるミュージシャンが決まってから彼らの個性を念頭に置き、曲のスケッチを始めたのだと言う。

近年のMOCKY作品には欠かせない、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ジョーイ・ドォシク(ここでは鍵盤ではなく管楽器担当!)、ニア・アンドリューズ に加え、鍵盤奏者、デロン・ジョンソン(マイルス・デイヴィスの "Doo Bop")、管楽器奏者、ランダル・フィッシャー(Kadhja Bonet、デクスター・ストーリー ほか)ベイシスト、ブランドン・ユージン・オーウェンズ(ケンドリック・ラマー、ロバート・グラスパー、ギャビー・ヘルナンデス、テラス・マーティン、ミア・ドイ・トッドほか)日本では数々の作品を通じてお馴染みであろう、マーク・ド・クライブ・ロウ などLAをべースに立派なキャリアを築いているミュージシャンたちが初参加していることも大きな特徴。どこか2009年の4th アルバム「SASKAMODIE」を思い起こさせるこの新作。パリで録音されたあのアルバムに流れる時間が夜だとすればこの新作はLAの午後の陽光に微睡む時間のような。今もFRESHな1971年のスティーヴ・キューン、1973年のクインシー・ジョーンズ、1976年のRoy Ayers Ubiquity、70年代中頃のMizell Brthersの傑作群を聴く時間のような音の快楽に溺れること請け合い。やけに艶やか。 




●SYSTEM / PLUS 輸入LP 3,200円(税込) (MORR MUSIC / MM163LP / 0880918816319)

トーマス・クナック(オピエイト)、アンダース・レマー(ダブ・トラクター)、イェスパー・スカーニング(アクースティック)というそれぞれソロでも活躍するデンマークのエレクトロニック・ミュージックのオリジネイターたちによるスーパー・グループ、システム(フューチャー3の別名義プロジェクト)。2002年にいまはなきドイツの名門レーベル~scapeより、ダブ・エレクトロニカの名作『Sytem』を残している。

このたびMorr Musicよりリリースされる8年ぶりのニュー・アルバムは、いまや世界的なアーティストへと登りつめたドイツ人アーティスト/作曲家のニルス・フラームとの全面的コラボレーションとなりました。もともとシステムの前述の1stアルバムの大ファンだったというニルス・フラーム。システムのメンバーたちとの出会いから真剣にコラボレーションのアイデアが膨らんでいったのは2015年の冬のこと。ニルスによる10時間にも及ぶピアノ、シンセ、オルガンの即興演奏をソース・マテリアルとして、2年間の制作期間を経て完成したのがこの『Plus』という作品です。

元々は1st『System』における”クリックス&カッツ”期のサウンドを再発見する意図ではじめたものの、ニルス・フラームの録音を聴いて、リズムよりもメロディー重視のシネマティックなサウンドへと方向転換することにしました。ニルス・フラームのマテリアルのミニマルなクオリティーを維持しつつ、シンセやノイズの新たなレイヤーを丁寧に加え、これまでのシステムのサウンドよりもよりオーガニックなものに仕上がっています。リズムやビートを武器にしていた3人にとって、よりアコースティックでメロディックな要素にフォーカスを当てることは全く新たな世界へと踏み出すことであり、ニルス・フラームという才能がそれを導いたと言えるでしょう。ピアノとデジタル・ノイズ・トーンをブレンドしたタイトル・トラック「Plus」はアルヴァ・ノトと坂本龍一のコラボレーションを思い起こさせる美しいサウンドスケープ。90年代後半から2000年代前半のエレクトロニカの残響にニルス・フラームの『All Melody』の緊張感と革新性を加えたような新たな名作の誕生。






● SYSTEM / PLUS 国内CD 2,484円(税込) (PDIS / AMIP0154 / 4532813341545)

トーマス・クナック(オピエイト)、アンダース・レマー(ダブ・トラクター)、イェスパー・スカーニング(アクースティック)というそれぞれソロでも活躍するデンマークのエレクトロニック・ミュージックのオリジネイターたちによるスーパー・グループ、システム(フューチャー3の別名義プロジェクト)。2002年にいまはなきドイツの名門レーベル~scapeより、ダブ・エレクトロニカの名作『Sytem』を残している。

このたびMorr Musicよりリリースされる8年ぶりのニュー・アルバムは、いまや世界的なアーティストへと登りつめたドイツ人アーティスト/作曲家のニルス・フラームとの全面的コラボレーションとなりました。もともとシステムの前述の1stアルバムの大ファンだったというニルス・フラーム。システムのメンバーたちとの出会いから真剣にコラボレーションのアイデアが膨らんでいったのは2015年の冬のこと。ニルスによる10時間にも及ぶピアノ、シンセ、オルガンの即興演奏をソース・マテリアルとして、2年間の制作期間を経て完成したのがこの『Plus』という作品です。元々は1st『System』における”クリックス&カッツ”期のサウンドを再発見する意図ではじめたものの、ニルス・フラームの録音を聴いて、リズムよりもメロディー重視のシネマティックなサウンドへと方向転換することにしました。

ニルス・フラームのマテリアルのミニマルなクオリティーを維持しつつ、シンセやノイズの新たなレイヤーを丁寧に加え、これまでのシステムのサウンドよりもよりオーガニックなものに仕上がっています。リズムやビートを武器にしていた3人にとって、よりアコースティックでメロディックな要素にフォーカスを当てることは全く新たな世界へと踏み出すことであり、ニルス・フラームという才能がそれを導いたと言えるでしょう。ピアノとデジタル・ノイズ・トーンをブレンドしたタイトル・トラック「Plus」はアルヴァ・ノトと坂本龍一のコラボレーションを思い起こさせる美しいサウンドスケープ。90年代後半から2000年代前半のエレクトロニカの残響にニルス・フラームの『All Melody』の緊張感と革新性を加えたような新たな名作の誕生。国内流通盤のみMorr Musicレーベル・サンプラーのダウンロード・コードつき。






●KAGOULE / STRANGE ENTERTAINMENT (LP) 輸入LP 2,916円(税込) (ALCOPOP / ALCOPOP174X / 5056032316232)

UKトリオ・オルタナティヴ・ロック・バンド、KAGOULEが2ndアルバム『STRANGE ENTERTAINMENT』をリリース!

■ダウンロードコード付き

90'sUSオルタナに強い影響を受けたと思わしきサウンドとトリオという最小限の編成ならではのタイトなグルーヴ!ユーモラスなMVも◎。






●HOP ALONG / BARK YOUR HEAD OFF, DOG 輸入CD 2,052円(税込) (SADDLE CREEK / LBJ263 / 0648401026320)

女性シンガーソングライターFRANCES QUINLANが率いるEMO/INDIE ROCK BAND "HOP ALONG"の4作目が登場!

今作はBLIGHT EYESが所属する老舗インディーレーベルSADDLE CREEKからリリース。ハスキーボイスを感情表現豊かに紡ぎだすボーカルと作りこまれたメロディラインに1曲1曲映画作品を見ているかのような感覚に。

デビューアルバムを90年代EMOリバイバル重要バンド"ALGERNON CADWALLADER"のレーベル「HOT GREEN RECORDS」から出していましたね!今作はよりフォーキーに、アコースティックにフランジスの世界観が表現されています。水彩画のように滲んだ木立の様にも見える抽象的なアートワークも彼女自身で描かれています!多才!




●V.A. / SO WAS VON EGAL / GERMAN SYNTH WAVE UNDERGROUND 1980-1985 輸入CD 2,160円(税込) (BUREAU B / BB310CD / 4015698021752)

ドイツはハンブルグで80年代ポストパンク〜ニューウェーブのイベントを主催するDamaged Goodsがコンパイルしたジャーマン・ニューウェーブのレア音源集がBureau Bよりリリース!ほとんどの楽曲がバンドの物販でしか販売されてなかったような少数プレスのもので30年以上たったいまでも手に入らない超レア音源ばかり!80年代ポストパンク/シンセ・ウェーブ好きはマストの1枚!






【再入荷】
●ECHO & THE BUNNYMEN エ / STARS, THE OCEANS & THE MOON (2LP/180G) 輸入LP 4,104円(税込) (BMG / 538355200 / 4050538355208)

UKポスト・パンク・バンド、ECHO & THE BUNNYMENが自らの楽曲をストリングス・アレンジしたアルバム『STARS, THE OCEANS & THE MOON』 をリリース!新曲も2曲収録!

■180グラム重量盤、ダウンロードコード付き、新曲2曲収録(「The Somnambulist」「How Far?」)









 



    • 駐車場サービス 詳細はこちら
    • メルマガ配信中!! 登録はこちら
-----------------------------------------
◆ディスクユニオン新宿 6Fインディ・オルタナティヴロック館
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

【TEL】 03-3352-2715

【買取専用フリーダイヤル】 0120-269-656
【MAIL】 ds1_6f@diskunion.co.jp 

買取担当:澤田 / 小倉 / 薄田






▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
4
11
18 22 23 24
25 26 27 28 29 30
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(12/31)
(12/25)
(11/21)
(11/21)
(11/21)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(11/19)
(11/19)
(11/17)
(11/17)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/15)
(11/15)
(11/14)