CDレコード買取 ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 1/8(火)インディ・オルタナティヴ・ロック 新品入荷情報
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 


●YELLOW DAYS / IS EVERYTHING OKAY IN YOUR WORLD? (2LP) 輸入LP 3,024円(税込) (DOOBIE MCQUEEN / DOOBIEMCQUE02 / 2299990634031)

UKの若きSSW、George Van Den Broekによるプロジェクト、YELLOW DAYSが2017年にリリースしたデビュー・フル・アルバム『IS EVERYTHING OKAY IN YOUR WORLD?』。限定500枚アナログ盤でリリースされるも瞬く間に完売!レア化していた一枚が遂にリプレス!!!アルバムのリリース時はまだ18歳!KING KRULEなどが好きなら気に入ること間違いなしのメランコリックでブルージーなサウンド! 






●YELLOW DAYS / HARMLESS MELODIES EP (LP) 輸入LP 1,944円(税込) (DOOBIE MCQUEEN / DOOBIEMCQUE01 / 2299990634028)

UKの若きSSW、George Van Den Broekによるプロジェクト、YELLOW DAYSが2016年にリリースしたデビューEP『HARMLESS MELODIES EP』。2017年には限定500枚アナログ盤でリリースされるも瞬く間に完売!レア化していた一枚が遂にリプレス!!EPの制作当時は17歳!KING KRULEなどが好きなら気に入ること間違いなしのメランコリックでブルージーなサウンド!





●BAUHAUS / THE BELA SESSION 輸入CD 1,890円(税込) (LEAVING RECORDS / LR150 / 0659457525729)

ゴシック・ロックのオリジネイター、BAUHAUSが結成40周年記念として、1979年1月26日に行われた初のスタジオセッションの未発表バージョンをリリース!ゴシック、パンク、そしてニューウェーヴの先駆けとして幅広い層からリスペクトを受けるカリスマ・バンド:バウハウス。数々の企画盤やレア音源のリリースあれど今作はまさに別格!1979年1月26日、初のスタジオセッションにしてアイコン的名曲、UKゴシックの源流として知られる“BelaLugosi’s Dead”が遂にフル・セッション・リリースとして登場!TR-1 Bela Lugosi’s Dead (OfficialVersion)※未発表バージョン、TR-2 Some Faces※“Lagartija Nick”(1983年)のオリジナル、TR-5 Boys※未発表オリジナル・バージョン、など初蔵出し3曲収録!バンドメンバーとの共同制作により実現した完全オフィシャル企画。ジャケットも40年経ても今なお色褪せない彼らの魅力、そしてその起源を辿るまさに記念碑的リリース!






●エンジェリック・ミルク / ディヴァイン・バイカー・ラブ 国内CD 2,484円(税込) (2670RECORDS / TSSO-1044 / 4571449970446)



Now That I'm A River (Vinyl, LP, Album) album cover

● CHARLES WATSON / NOW THAT I'M A RIVER (LP) 輸入LP 3,348円(税込) ( MOSHI MOSHI RECORDS / MOSHILP82 / 5060164955900)





【再入荷】
●FOXWARREN / FOXWARREN (LP/180G) 輸入LP 3,132円(税込) (ANTI / 1409276531 / 8714092765311)

10年掛けてじっくりと作り上げたぬくもりある音世界。WILCOのJEFF TWEEDYが高く評価したことでも注目を集めた、カナダはサスカチェワン出身のSSW、ANDY SHAUF率いるFOXWARRENがファースト・フル・アルバムをリリース! 

アンディが地元の友人たちと結成したFOXWARRENは、ダラス・ブライソン(Dallas Bryson: G/Vo)に兄弟であるダリル・キシック(Darryl Kissick:B)にアヴェリー・キシック(Avery Kissick: Dr & Perc) からなる4人組。学生時代に知り合った彼らは、PEDRO THE LIONのファンであるところから意気投合、THE BANDやPAUL SIMONから影響を受けながら自分たちのサウンドを作り上げていったという。

元々彼らがこのデビュー・アルバムを作り始めたのは約10年前のこと。地元で休暇を過ごしていた時、キシック兄弟の両親が持つ、ファームハウスで作り始めたのであった。しかし、だんだんとアンディ自身のツアーとレコーディング・スケジュールが忙しくなっていったため、FOXWARRENのアルバムは棚上げされていたという。そしてようやく再び集まった時、彼らは拠点を移さざるを得なくなり、バンドのメンバーが共同生活を送っていた、レジーナにある借家でレコーディングを再開したのであった。アルバムからのファースト・シングルとなるのは「Everything Apart」。

ロボット風のベースラインを核としたこの曲は、メンバー曰く、あっという間に出来たという。「ある夜中に作ったんだ」そうダリルは振り返る。「(その時)アンディはツアーの間を縫って家に戻っていたんだけど、曲の骨格は本当にすぐできたんだ。この曲の制作は本当に実験的だったから、危うくアルバムから外すところだったよ。それぐらい異質な感じがしたんだ」 一方セカンド・シングルとなる「To Be」は、本アルバムの為に作られた曲の中で最も古いものの一つだそう。

「何年にも亘ってずっといじくりまわしていた挙句に、レコーディングをしようとするまさにその週に、ドラスティックなまでに変えてしまった。はじめの頃から、この曲がアルバムの幕開けを飾るってわかっていたよ」そうダリルは語る。またアンディはこう説明する。「もとは、数年間ずっとつま弾いていたギター・リフだったんだ。記憶がただしければ、結構な数のヴァージョンがあったと思う。

FOXWARRENの悪い癖に、音楽が完成するまで、ヴォーカル・メロディと歌詞を完成させないというものがあるんだけど、そのおかげで曲にちょっとトリッキーな部分がでてきて、最後の最後でオーバーホールする羽目になってしまったのさ」 FOXWARRENのデビュー・アルバムである本作に流れる繊細で思索深いサウンドは、アンディ・シャウフのソロ作品と共通するところがあるが、彼のソロ作品にみられる注意深く構成されたアレンジは影をひそめ、その代わりメンバー同士のコラボレーションや、メンバー間から生まれたいい意味での“ゆるさ”が顔をのぞかせている。

温かくも疾走感のあるリズムに、親しみのある声、そしてソフトなエレクトロ・サウンドと荒々しいギターで彩られたFOXWARRENのサウンドスケープには、アンディを始めとするメンバー4人の音楽に対する真摯な姿勢が感じられる。そこには、友人同士が互いに切磋琢磨しながら、外からの影響ではなく、自らの中からインスピレーションを引き出そうとする姿が捉えられているのだ。 

「このアルバムを作るのに、ものすごい時間と努力を費やしたんだ。俺たち全員、胸を張れるものが出来たと思う。俺のレコーディングとツアー・スケジュールはこの3,4年結構ワイルドな感じなっていたから、FOXWARRENのアルバムを後回しにしていたんだ。アルバムを作るのは本当に楽しかったよ。コラボレーションの楽しさも、フラストレーションも、その全てがね。俺たち全員、今までのものよりいいものを作ろうと頑張っていた。リリースして、他の人に聴かせることができるのが楽しみだよ。俺たちバンドとして10年ちょっとだけど、ちゃんとしたアルバムをリリースしたことが無かった。だから、これは俺たち4人にとってとてもスペシャルなんだ」――アンディ・シャウフ。 





【再入荷】
●SMASHING PUMPKINS / SHINY AND OH SO BRIGHT, VOL. 1: NO PAST. NO FUTURE. NO SUN. [PICTURE DISC LP] 輸入LP 4,320円(税込) (NAPALM / 811973 / 0840588119738)

2018年新作がピクチャー・ディスク仕様でアナログ・リリース!88年シカゴで結成。91年に『GISH』でデビュー、93年には『SIAMESE DREAM』でスターダムに駆け上がり、95年の大作『MELLON COLLIE AND THE INFINITE SADNESS』でその名声を不動のものにした、言わずと知れた90年代オルタナティヴ・ロックを代表する名バンドSMASHING PUMPKINS。

長年のメンバー間のゴタゴタも絡み00年にはオリジナル・ラインナップを解消したバンドですが、遂に2018年6月、BILLY CORGAN、JAMES IHA、JIMMY CHAMBERLINのオリジナル・メンバー3人に、長年のギタリストJEFF SCHROEDERという新たな布陣で待望の再始動。バンドは「SHINY AND OH SO BRIGHT」と題したツアーを敢行し、先行シングルとして実に18年ぶりに3者が揃った新曲"SOLARA"を発表しました。

本作はそんなツアーを経て2018年11月16日にリリースとなったスタジオ10枚目。RICK RUBINをプロデューサーに迎えた待望の新作です。ダウンロード・コード付属。3000枚限定盤。





【再入荷】
●MORRISSEY / POETRY HOUR 輸入CD 1,620円(税込) (SONIC BOOM / SON0362 / 0823564890203)

UKの伝説的ロック・バンド、THE SMITHSの元フロントマン、MORRISSEYが1992年10月1日にアメリカのコロラド州ボルダーにあるBalch Fieldhouseで行ったライブの音源が登場!



【再入荷】
●MAYFIELDS / COMPACT & BIJOU 輸入CD 2,160円(税込) (FIRESTATION / FST159CD / 4250001315917)

80年代の英国オブスキュア・ジャングリー・ポップ・バンド、THE MAYFIELDSのレア音源を大量にコンパイルした初CD化曲含むレトロスペクティブ編集盤が登場!Velvet Crushのデビュー・シングルなどで知られるアメリカのカルト・レーベ=BUS STOPから発表した曲は勿論のこと、自主制作で発表したフレキシ、デモやライヴ音源などとても貴重な音源のオンパレード!!








 


    • 駐車場サービス 詳細はこちら
    • メルマガ配信中!! 登録はこちら
-----------------------------------------
◆ディスクユニオン新宿 6Fインディ・オルタナティヴロック館
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Category/13/
営業時間 11:00~21:00 (日・祝) 11:00~20:00

【TEL】 03-3352-2715

【買取専用フリーダイヤル】 0120-269-656
【MAIL】 ds1_6f@diskunion.co.jp 

買取担当:澤田 / 小倉 / 薄田





▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/薄田(ススキタ)

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連

●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
4 5
11
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(08/18)
(08/18)
(08/17)
(08/17)
(08/16)
(08/16)
(08/16)
(08/15)
(08/15)
(08/15)
(08/14)
(08/14)
(08/14)
(08/13)
(08/12)
(08/10)
(08/10)
(08/10)
(08/09)