ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 CD・RECORD買取/販売 3/21(土)インディ・オルタナティヴロック新品入荷情報 MORRISSEY最新作のLP/CDが入荷!!
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 


●MORRISSEY / I AM NOT A DOG ON A CHAIN
輸入LP 3,410円(税込) (BMG/ADA / 5053858940 / 4050538589405)



●MORRISSEY / I AM NOT A DOG ON A CHAIN
輸入CD 1,870円(税込) (BMG/ADA / 5053858939 / 4050538589399)



モリッシー足り得るのは只、モリッシーのみ。 戦慄く唇を震わせ、声を上げよ、手を掲げよ――善人である必要なぞない、鎖に繋がれた犬ではないのだから。 言いたいことが有り過ぎる孤高のカリスマが放つ大胆な挑戦。通算13作目のソロ・アルバム『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』完成!

現代英国のアイコンで最も影響力のある一人、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、その美学と言動、詞と音楽で、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。

その他の追随を許さない唯一無比な存在が、新たなるアルバムを発表した。通算13作目のソロ・アルバムとなる本作『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』である。プロデュースを務めるのは、フランク・ザッパやザ・ストロークス、ベック、ザ・ホワイト・ストライプスなどの仕事で知られるジョー・チッカレリ。彼は2017年の『LOW IN HIGH SCHOOL』でもプロデュースを手掛けている。レコーディングは、フランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスにあるラ・ファブリーク・スタジオ、そしてハリウッドにあるサンセット・サウンドで行われた。
「モリッシーのアルバムをプロデュースするのはこれで4作目となる」そう語るのはチッカレリ。「今作は、これまでの中でもっとも大胆で挑戦的なアルバムだ。彼は再び、歌詞の面でも音楽の面でも、自分の領域を広げた。そしてまた今回も、ソングライターとしても、シンガーとしても唯一無比の存在であることを証明して見せた。実際のところ、モリッシーになれる奴なんかいやしない・・・当のモリッシー本人以外にね!」

アルバムからのリード・シングルとなるのは「Bobby, Don't You Think They Know?」。この曲でモリッシーとデュエットしているのは、1977年に全米No.1ヒット「Don't Leave Me This Way」を世に送り出したモータウン・レジェンド、テルマ・ヒューストンだ。ハモンドが唸るグル―ヴィな曲にパワフルでソウルフルなヴォーカルを添えている彼女は、モリッシーとのコラボレーションについて次のようにコメントしている。
「この業界にいる最も大きな喜びの一つに、他のトップ・アーティストとコラボレーションをする機会を与えられることがある。他の人たちがやっていることに対して自分が何ができるか、その挑戦に立ち向かうのが大好きなの。上手くいくときもあれば、上手くいかないときもある。”Bobby”では、モリッシーの歌と私の歌の融合が本当にうまくいったと思う。そしてMと一緒にスタジオで仕事するのもとても楽しかったわ!」

 先日、UKのHMVで先行発売されていた7インチ・シングル「It's Over」(アルバム『CALIFORNIA SON』からのシングル)が、全英アナログ・シングル・チャートの1位に輝いたばかりのモリッシーだが、新作についてオフィシャル・サイト「Morrissey Central」にこんなコメントを寄せている「最高の形の自分が出ている・・・出来過ぎなぐらいにね・・・・最高の作品として評されるにはあまりにも純粋だ」









●WAXAHATCHEE / SAINT CLOUD
輸入CD 1,870円(税込) (MERGE / MRG704CD / 0673855070421)



Katie Crutchfieldのプロジェクト、WaxahatcheeがBrad Cook をプロデューサーに迎えモダンなタッチを兼ね備えたアメリカーナ・サウンドを目指したニュー・アルバム『Saint Cloud』をリリース!先行シングル「Lilacs」がPitchforkの“BEST NEW TRACK”に選出!!

Katie Crutchfieldのプロジェクト、Waxahatcheeが前作『Out In The Storm』から2年半振りとなるニュー・アルバム『Saint Cloud』を3/27にMerge Recordsからリリースすることを発表した。Merge Recordsとの契約後、最初のアルバム『Ivy Tripp』(2015)、そしてSonic YouthやDinosour.Jrなどを手掛けてきたJohn Agnelloをプロデューサーに迎えた『Out In The Storm』(2017)での90年代のオルタナティヴ・ロックの質感をもった激しいギター、洗練されたノイズ、パンチのあるサウンドは現在彼女が拠点とするフィラデルフィアのシーンを特徴付け、急成長する新しい世代のシンガー・ソングライターに大きな影響を与えた。

しかし最新作となる『Saint Cloud』で彼女は近作で試みていたサウンドのレイヤーを取り除き、自身の歌声と歌詞の為の空間を意識した。その試みは現代の代表的なストーリーテラーの一人として登場した彼女に相応しい、モダンなタッチを兼ね備えたクラシックなアメリカーナ・サウンドを生み出した。レコーディングは2019年の夏にテキサス州トルニーロのSonic Ranchとニューヨーク州スタイベサントのLong Pondで、Brad Cook (Bon Iver, Big Red Machine)をプロデューサーに迎え行われた。またそのアルバムのビジョンを確固たるものにするためにKatieはデトロイトを拠点とするバンド、Bonny DoomのBobby ColomboとBill Lennox、Hiss Golden MessengerやBonny Light Horsemanで活動するJosh Kaufman、そしてKevin Morbyのバンドでプレイするドラマー、Nick Kinseyをゲスト・ミュージシャンとして起用し、これまでのどのWaxahatcheeアルバムよりも幅広いサウンドパレットを作り上げた。『Saint Cloud』はKatie Crutchfieldの新たな旅の始まりを告げる1枚だ。







●DEAP LIPS / DEAP LIPS
輸入CD 1,870円(税込) (COOKING VINYL / COOKCD756 / 0711297525625)



オクラホマのサイケヒーロー、ザ・フレーミング・リップスとカリフォルニアのロックンロール・デュオ、ディープ・ヴァリーがコラボレーション・アルバムをリリース!

Deap Lipsはカリフォルニアのロックンロール・デュオ、Deap Vally(Lindsey Troy & Julie Edwards)とオクラホマのサイケヒーロー、The Flaming Lips(Wayne Coyne & Steven Drozd)がコラボレートしたバンドで、セルフ・タイトルのデビュー・アルバムをCookingVinylより2020年3月にリリースする。
アルバムからのファースト・シングルは「Hope Hell High」で、2019年12月に公開された。Deap VallyはQueens Of The Stone Age、Muse、Red Hot ChiliPeppers等とここ数年、世界中をツアー。GlastonburyやBonnarooといったフェスティヴァルでもプレイし、最新作『FEMEJISM』も高い評価を獲得。The Flaming Lipsはオルタナティヴ・ロック史上、最も重要なバンドの一つで、グラミー賞を複数回獲得。何百万ものアルバムをワールドワイドで売り上げ、2019年11月にはライヴ・アルバム『The Soft Bulletin: Live at Red Rocks (feat. The ColoradoSymphony & Andre de Ridder) 』をリリースした。








●BON IVER / BLOOD BANK EP (10TH ANNIVERSARY EDITION)
輸入CD 1,870円(税込) (JAGJAGUWAR / JAG343CD / 0656605234328)



09年リリース『BLOOD BANK EP』がボーナストラック追加、ニュー・アートワークの10THアニヴァーサリー・エディションで再発!!

最新アルバム『i,i』を携えZepp Tokyoで開催された4年振りの来日公演も両日共にソールドアウトし、その圧倒的なパフォーマンスで多くの観客を魅了。またアルバム『i,i』がアルバム・オブ・ザ・イヤーを始めグラミー賞4部門にノミネートされたBon Iverが、2009年にリリースした『Blood Bank EP』の発売10周年を記念した新装盤を3月27日にリリースする。

『Blood Bank EP』は大きな指示を獲得したデビュー・アルバム『For Emma、Forever Ago』に続いて2009年初めにリリースされ、デビュー・アルバムのアコースティック・ギター主導のサウンドから脱却し、以来進化してきたBon Iverの実験的サウンドの探求の始まりとなった記念碑的作品で、リリース時はまだ一般的ではなかったオートチューンを駆使しボーカルの多重録音で構成された収録曲「Woods」をKanye Westがアルバム『MyBeautiful Dark Twisted Fantasy』に収録された「Lost in the World」で大胆にサンプリングしたことも話題となった。今回のリイシュー盤はアートワークも一新され、もともとの収録内容に加えEP収録曲全曲の厳選されたライブトラックを追加した内容でのリリースになる。








●SUFJAN STEVENS & LOWELL BRAMS ス / APORIA
輸入CD 1,870円(税込) (ASTHMATIC KITTY / AKR137CD / 0729920164219)



スフィアン・スティーヴンスと彼の継父で長年のコラボレーター、そしてアズマティック・キティの共同設立者でもあるローウェル・ブラムスによるコラボレーション・アルバム『アポリア』、リリース!

二人の関係性における重要な瞬間を記録したアンビエント・エレクトロニック・トラック21曲を収録。オスカーやグラミーにもノミネートされた作曲家、ヴォーカリスト、マルチインストゥルメンタリストのSufjan Stevensと、Stevensの継父で長年のコラボレーター、そしてAsthmatic Kittyの共同設立者でもあるLowell Bramsは2020年3月27日、コラボレーション・アルバム『Aporia』をリリースする。

『Aporia』ではStevensとBramsの関係性における重要な瞬間が示されている。二人の関係は1980年代の初め、Bramsが亡くなったStevensの母親、Carrieと結婚した時に始まり、Stevensの青年期から成人期までその強い関係を維持。最終的に1999年、レーベル、Asthmatic Kittyの設立に至った。2008年、二人はBramsのアルバム『Music For Insomnia』でコラボレート。Stevensの2015年のアルバム『Carrie & Lowell』は、Bramsとの結婚というレンズを通して亡くなった母親を追悼するアルバムであった。『Aporia』はStevensの住むニューヨークにBramsが訪れるたびに過去数年間にわたりレコーディングされた。不協的でニッチなアプローチがとられた『Music For Insomnia』とは違い、『Aporia』はニュー・エイジに影響を受けた味わい深い作品となった。
何時間にも及ぶレコーディングの後、その中からベストな瞬間を二人は抜き出し、曲とした完成させていったのだ。こうした作業の間、BramsはAsthmatic Kittyからの引退を発表。これがアルバムを完成させる推進力となった。アルバムにはThomas Bartlett(Doveman)、D.M. Stith、Nick Berry(Dots Will Echo)、John Ringhofer(Half-handed Cloud)、James McAlister、Steve Moore(Sunn O))))、Yuuki Matthews(The Shins)、Cat Martino等が参加した。








【再入荷】
●YUMI ZOUMA / TRUTH OR CONSEQUENCES (COKE BOTTLE GREEN VINYL)
輸入LP 2,970円(税込) (POLYVINYL / PRC402LP / 0644110040213)



途方もなくロマンティックなドリームポップ・バンド、ユミ・ゾウマ待望の新作はPOLYVINYLから!!

■限定カラー・ヴァイナル、ダウンロードコード付き






【再入荷】
●PORCHES / RICKY MUSIC (LP+7")
輸入LP 3,080円(税込) (DOMINO / WIGLP459X / 0887828045938)



ブラッド・オレンジ、ミツキ参加!アーロン・メイン率いるポーチーズ待望の最新アルバム完成!!!!限定LPにのみ付属する7インチにはFrank Oceanのアルバム『Endless』『Blonde』にも参加し、2019年に発売した自らの作品にはJPEGMAFIAをも召還していたVegynによるリミックスを収録!

■限定盤、ダウンロードコード付き、7インチ付(Vegyn Remix収録!)




※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DIN200131-008B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DIN200131-007B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008089289B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008070964B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008084918B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008089292B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008071179B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008078058B29


▼お問い合わせ先
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4 山田ビル6F
電話番号:03-3352-2715
メールアドレス:ds1_6f@diskunion.co.jp
買取専用:0120-269-656
営業時間 (時短営業中) 12:00~21:00(時短営業)
(日・祝)12:00~20:00 元旦のみ休業
担当:澤田/小倉/薄田

2019年9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
2019年10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。
▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
12:00~21:00(時短営業)
(日・祝)12:00~20:00 元旦のみ休業

■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/薄田(ススキタ)

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼各種サービス/情報関連

●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 13 16
24 28 29 30
31
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(05/27)
(05/26)
(05/26)
(05/26)
(05/25)
(05/23)
(05/22)
(05/22)
(05/21)
(05/21)
(05/20)
(05/19)
(05/19)
(05/19)
(05/19)
(05/18)
(05/17)
(05/15)
(05/14)