ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館 英国実験音楽/コーネリアス・カーデュー特集 その②
 新宿本館6Fツイッター 新宿本館6フェイスブック 新宿本館6LINE 
【コーネリアス・カーデュー作品】

R-128786-001.jpg
■AMM/AMMMusic 1966/CD
英国即興集団AMMの記念すべき1stアルバムにして、実験音楽史のみならず、20世紀の音楽史に残る傑作。初期メンバーとして、Keith Roweがプリペアド・ギター/トランジスターラジオ、Eddie Prevostがドラム、Rou Gareがサックス、 Lawrence Sheaffがチェロ/アコーディオン、そしてCornelius Cardewがピアノ/チェロ/トランジスターラジオで参加している。当時、音楽の最前衛を担っていた、フリージャズと実験音楽の最もラディカルな部分を抽出し具現化してみせた結果が、本作で聴くことが出来る、純粋な即興演奏による極端にノイジーかつ静寂な音群であった。このような音楽を、Creamなどのロックバンドの前座で演奏していたというのだから恐れ入る。そのような経緯もあってか、本作は1967年にメジャーレーベルElektraからリリースされた。実験音楽に関心があるなら押さえておきたい一枚。

【コーネリアス・カーデュー門下生作品】

R-2240096-1271716547.jpeg
■AMM/Sounding Music/CD
AMMの最新作が、Matchless Recordingから登場!John Tilbury、Eddie Prevostといった中心メンバーに加えて、本作では、米国実験音楽の重鎮Chiristian Wolfがピアノ/ベース、前作に引き続き John Butcherがサックス、そして英国の注目の若手、Ute Kanngiesserがチェロで参加している。09年、ロンドンでの録音。

trinitycd.jpg
■AMM With John Butcher/Trinity/CD
AMM と同じくフリー/インプロ・シーンで活躍する、英国サックス奏者John Butcherとの2008年共演作品。Butcherの繊細かつ知的な音使いも素晴らしいが、John Tilburyの切れ味の鋭いピアノも全面的にフィーチャーされており、AMMの作品のなかでも、とりわけ美しい作品となっている。

mrdvd01.preview.jpg
■The Smith Quartet With John Tilbury/Music For Piano And Strings By Morton Feldman/DVD
AMMのジョン・ティルバリーと、スティーヴ・ライヒとの共演で知られている英国のSmith Quartetとの共演による、モートン・フェルドマン追悼音源が、2枚組DVD仕様(音声のみ)で作品化。2006年のハッダーズフィールド現代音楽祭で行われたライヴ音源を収録したもので、「For John Cage(82年)」、「Piano and String Quartet(85年)」の全2曲収録。ライナーノーツを、スクラッチオーケストラの創始者、Howard Skemptonが担当している。

R-403134-1108741902.jpg
■Eddie Prevost Band/1977 Live Vols 1&2/CD
その名の通り、AMMのエディー・プレヴォー率いるバンドのライヴ音源作品。元々は、78年にMatchless Recordingsからリリースされたものが、93年に音源追加で再発されたもの。

mrcd75front.png
■Invenio Ergo/Sun/CD
AMMのEddie Prevostによる新バンド、Invenio Ergoの作品。Prevostがドラム、Prevostのグループ9!のメンバーでもあった、 Ross Lambert とSeymour Wrightが、それぞれギターとサックスを担当している。近年のAMM的な静寂系即興とは異なる、フリージャズ的な要素が色濃い演奏となっている。09年録音。Matchless Recordingsからリリース。

R-154736-001.jpg
■Organum/Veil Of  Tears/CD
コーネリアス・カーデュー率いるスクラッチオーケストラのメンバーでもあったDavid Jackmanのインダストリアル・ユニット、Organumの94年作品。表題曲は、90年に録音され、92年にカセットのみでリリースされた作品で、MIchael Primeが参加した、静謐かつ緊張感溢れるドローン/金属ノイズ作品。そして特筆すべきが、Jim O'RoukeとRobert Hamson(Loop~Main)の参加した3,4曲目である(Jimは3曲目のみ)。3曲目は、85年音源の両者による貴重なリミックス、4曲目は、New Blockadersのメンバーも参加した、金属摩擦系極上ドローン作品となっている。80’sインダストリアルから、90年代の音響派に至る系譜が理解できる最良盤といえるだろう。


【番外編】

R-1722295-1239207895.jpeg
■Robert Hampson/Vectors/CD

Spaccemen 3と並んで、80’sUKアングラサイケシーンを代表するバンド、Loopの中心メンバーで、一時期のGodfleshへの参加を経て、極北音響ユニットMainを結成することとなる、ロバート・ハンプソンによる久々の新作が、英国の名門レーベルTouchからリリース。本作では、Bruce Gilbert、Jim O'Rourkeとの共演作や、Organumの作品群への参加も肯ける、ミニマル電子音響の極北といえる音を展開。ミックスは、仏ミュージックコンクレートの殿堂、GRMスタジオで行われている。

R-2014935-1258639435.jpeg
■Bruce Gilbert/This Way/CD
元Wire~Domeのブルース・ギルバートが84年にMute Recordsからリリースした1stアルバム。パンクロックからスタートし、Domeで急進的な音響実験を試み、それもひと段落着いた時期に発表された傑作。当時のNew Wave/インダストリアルのアーティストが、メジャー化/ポップ化を図り凋落していく中で、彼(とマーク・スチュアート)だけは、音の実験を継続していた。ダンス・パフォーマンスのために制作された本作は、ブラインア・イーノのアンビエント・ミュージックを批評的に継承した、ダークアンビエント、ミニマル電子音響作品となっている。00年代のNew Waveリバイバルの際にも、彼の存在は完全に無視されていたが、去年、電子音響の代表的レーベルMegoから、本作が再発されたことからも分かるように、再評価の機運は高まってきている。

※カーデューについてはこちらをご参照下さい↓
http://blog-shinjuku-alternative.diskunion.net/Entry/934/

▼ブログ内検索
▼PROFILE
ディスクユニオン新宿インディ・オルタナティヴロック館

【店舗紹介】
ディスクユニオン唯一のインディ/オルタナティヴ・ロック専門フロア! 70年代後半から現在までのROCK、インディ/オルタナ/ニュー・ウェイヴ/ポスト・パンク/ネオアコ/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ノイズ/アヴァンギャルドなど、新品/中古の在庫数はユニオン随一! 毎日の新入荷品/新着中古品、お得なセール情報などリアルタイムで随時更新中です。ブログ掲載品は通信販売/店頭お取り置きも承っておりますのでお気軽に!また上記ジャンルの買取も高額査定致します。

■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3352-2715
■新宿ROCK買取センター
0120-269-656
※携帯電話からは 03-3352-2696
■住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-4
山田ビル6F
e-mail:ds1_6f@diskunion.co.jp



メルマガ登録はこちら
▼買取査定ご相談ください
「持込」「宅配」「出張」方法は様々 通販買取ご利用方法はこちら 担当:澤田/小倉/肥沼

詳細はこちら
★国内盤CD60%買取保証 詳細はこちら
▼アヴァンギャルド廃盤レコード在庫リスト
◆通販/お取置き承ります◆

▼ヤフオク出品中
▼Twitter
▼ALTERNATIVE WAVERS



★フリーペーパー店頭にて配布中★
⇒ディスクユニオンよりインディ/オルタナティヴ・ロック関連の新作リリースや週間ランキング等の情報を発信中。要チェック!!
6Fスタッフもレビューや特集に参戦中♪
▼各種サービス/情報関連
●ディスクユニオン全店在庫検索 ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら
●ディスクユニオン各店への
ご意見、ご要望 ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
●駐車場サービス
駐車場サービス
●高価買取

●各店「ロック中古情報」
▼カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1
8
15
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
▼ブログQRコード
▼アクセスカウンター
▼アクセス解析
▼アーカイブ
(01/01)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/20)
(10/20)
(10/20)
(10/19)
(10/19)
(10/19)
(10/18)
(10/18)
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/14)
(10/14)
(10/13)